Googleストリートビューで「タイムマシン」機能搭載!時間旅行をさっそく試してみた!

Googleは、4月24日に「Google マップ」のストリートビューにて、過去に撮影された風景や町並みや様子などを、過去にさかのぼって見ることができる「タイムマシン」機能を公開しました。

各地、順次公開していくとのことで、さっそく試してみました。

どこも2回程度さかのぼれる模様

このタイムマシン機能ですが、まずはPC版から提供し、今後はスマートフォンなどでも閲覧可能なモバイル版の提供も予定しているそうです。

このストリートビューは、2007年に始まりました。
現在50以上の国で展開されていて、日本でも、結構な広範囲でこのストリートビューを見ることができます。ボクなんかも、このストリートビューで過去に住んでいた土地や、旅行したことのある場所を映し出して、懐かしがったりしてよく利用しています。結構時間を忘れて楽しんでしまいますよね。

このタイムマシン機能を利用するには、まずGoogle地図からストリートビューを表示して、左上の操作パネルから日時を選べばOK。とくに難しいことはありませんでした。

このタイムマシン機能は、日本では2008年からのデータを参照できるそうです。
撮影場所の風景が、季節ごとに変化する様子や、建物ができあがっていく様子が確認できますよ。もちろん、ストリートビューにて、撮影された回数が多ければ多いほど、さかのぼれる時間と回数も増えることとなります。でも、どこの場所でも2回はさかのぼれるようです。

ということは、日本全国くまなく3回以上は撮影されている、ということなのでしょう。

さっそく試して見た

ボクが東京から札幌に引っ越したのは2008年。
それから多くの景色が移り変わったことでしょう。
そんなある場所がココ、スカイツリーです。

実際にストリートビューでさかのぼってみることにします。

 

Sky1102

まずは2009年の12月に撮影されたもの。
まだまだ半分程度、といったところでしょうか。

 

Sky11012

次は2010年の1月。
前回の撮影からあまり日が経っていませんが、ずいぶんと完成が進んでいるような気がします。

 

Sky111012

そして、完成後の2013年1月。
こんな感じで、タイムマシン機能を利用できます。これは楽しい!

このタイムマシン機能、きっかけは東日本大震災とのことでした。
現地の方には、被災後の様子を見ることは非常につらいことだと思いますが、復興の様子も当然そこには記録されているはずです。

この膨大なデータが、力になればすごく素晴らしいことだと思います。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>