日本でようやく「iTunes Match」がスタート、音楽クラウドサービスが本格化へ

Appleは、本日5/2に「iTunes Match」を日本でスタートしました。

 

iTunes Matchは、iTunes Storeで購入した曲や、音楽、自分自身で取り込んだCD、その他すでに持っている曲などすべてのパソコン内の音楽コレクションをiCloud上に保管できるサービスです。iPhoneやiPad、Macはもちろん、WindowsやApple TVなどからiCloudにアクセスすることによって、保管されている音楽をどこでもいつでも聞くことができます。

最大の特長としては、CDから取り込んだ曲など、すでにPCの中にある曲も同期可能だと言うこと。iPhoneに入っていない曲であってもiTunes Match上にあればアクセスして聞くことができる、というのは非常に便利だと思います。

iTunesの最新版である11.1.5は、「Match」のメニューがあります。

Itune110290

ここから登録可能で、年間利用料は3980円。高いか安いかは利用の頻度と使用者の使い方によって印象が異なるかもしれません。保存できる曲数は最大で25000曲。この中には、iTunes Storeで購入した曲は含まれないので、実質はもう少し増えてくるでしょう。

利用するには、PC以外からの登録でも開始することができます。
iPhone、iPod touch、iPadからは「設定」→「ミュージック」の中にある「iTunes Matchに登録」から行うことができます。

IMG 1768

IMG 1769

 

iTunes Matchの詳細は、AppleのAppleのWebサイトに記載があるのでぜひ参考にしてみてください。

この「iTunes Match」は、このブログの記事でも紹介したことのある「Google Play Music」と真っ正面から競合するサービスです。「Google Play Music」のサービスがまだ日本では未展開ですので、日本では先行してスタートした「iTunes Match」がどの程度浸透するかというのが楽しみです。


iPhoneで20000曲を持ち歩く! 最強Google Play Musicの導入方法を紹介 | Senbonsakura.com

この「iTunes Match」が日本でもサービス展開可能になった、ということは、当然「Google Play Music」の展開もまもなく開始される可能性があるということで非常に楽しみになってきました。

問題は、年間3980円という利用料がどう受け止められるか。
競合サービスの「Google Play Music」は、現時点では無料のアカウントも存在するため、動向が注目されています。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>