[Shooting Report] AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G 実写レビュー

一眼レフカメラを使用する時に、やはり「単焦点」レンズは外せません。

フィルム時代、一眼レフカメラについているレンズと言ったら50mmの単焦点レンズでした。
最初に一眼レフカメラをフィルムから使用したボクからすると、やっぱりデジタルになっても「標準レンズ」といったら50mm単焦点。

今回は、その使用感と実写レビューをお届けします。

AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G

1

ニコンFXフォーマット=フルサイズセンサーに対応した焦点距離50mm、開放F値1.8の大口径単焦点レンズとして発表されたこのレンズ、開放F値1.8の明るさと非球面レンズを用いた新規光学設計を採用し、光量が少ない室内などでも手持ち撮影や、美しいボケ味を生かした撮影が可能です。超音波モーター(SWM=Silent Wave Motor)を搭載しており、すすっとオートフォーカスします。レンズ内にモーターが入っているので、ボディ内モーターを備えていないデジタル一眼でも使用可能です。AF中でもフォーカスリングを回してマニュアルによるピント合わせができる「M/A」(マニュアル優先オートフォーカス)モード、「M」(マニュアル)モードの2種類を備えています。

 

2

実勢価格は22000円ほど。
F値1.8という無理のない設計などから軽くてコンパクトで安価なレンズに仕上がっていますが、決して安価=安っぽいということはありません。きちんとマウント部も金属製。廉価版のレンズでは、こういったところもプラスチックだったりしますが、手を抜いていないのがわかります。

レンズ構成は、非球面レンズ(1枚)を使用した6群7枚。最短撮影距離は0.45m、最大撮影倍率は0.15倍、絞り羽根は7枚と、スペック的にも十分だと思います。

3

ボクのNikon D700にセットするとこんな感じ。
標準のバヨネットフードを取り付けると、バランスもいい感じです。

実写

何枚か撮影した写真を紹介します。

 

DSC85611
F値=2.8 ISO 800 シャッタースピード1/30

解放付近から非常に解像度が高いレンズ、といった感じですが、2枚くらい絞るとさらにイイ感じになって気に入っています。かなり暗めの室内でしたが、手持ちで十分いけるのは明るいレンズの恩恵だと思います。奥行き感も再現されていますね。

 

DSC8546
F値=2.8 ISO 800 シャッタースピード1/80

白いペンキの厚塗り感と、真鍮のドアノブの質感がよく出ています。

 

DSC1481
DSC1881
DSC8580
DSC1006

さすがに現代の単焦点レンズ、という感じです。
開放でもしっかりとシャープに写りますし、少し絞ればさらにしまってきます。F5.6まで絞ると一番描写性能が高まる感じです。積極的に開放付近で使ってみたいレンズと言えます。

もっと高価なF1.4のレンズはもちろんイイですが、この安さと軽さと描写のバランスは大変に魅力的です。購入して失敗のない、誰にでもオススメできる標準レンズです。
最初の単焦点レンズにはもってこいですし、ズームレンズにはない魅力を持っています。

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>