[写真撮影地紹介] これはぜひ行きたい!世界観が変わる厳冬の流氷の世界

観光地や見所がたくさんある北海道ですが、ボクが今までで一番感動したのが流氷でした。

冬のオホーツク海は、実は流氷を見ることができる「最南端」なのです。
世界的にも珍しく、また生命の源ともなるこの流氷の世界をぜひ体験して欲しいと思っています。

世界観を一変させるその風景

冬のオホーツク海は、1月の終わりから3月の終わりにかけて、流氷に覆われることになります。
オススメの時期は2月の中旬から下旬にかけて。この頃が一番流氷の状態が良いと思います。

オホーツク海の流氷は、アムール川から流れ出た淡水によって塩分が低くなった海水が凍り、 北風に吹かれて南下してきたものです。風向きによっては南下を続け、知床半島をぐるりと回り込んで、太平洋側に位置する釧路市に接岸することもあります。

紋別と網走では、流氷シーズンになると専用の船で流氷クルーズを楽しめます。
ボクは、紋別の「ガリンコ号」が特にオススメ!

10687426853 d6d0b79e9e o

ネジを廻すと前に進む」というアルキメデスのねじの原理を利用した「アルキメディアン・スクリュー」と呼ばれる螺旋型のドリルを船体前部に装備していて、それを回転させ氷に乗り上げ、船体重量を加えて氷を割ることで流氷域を進みます。その姿は大迫力。



11029657273 f60fe66 o

ガリンコ号の乗り場の近くには、とっかりセンターというアザラシと対面できる場所もあっておすすめです。

世界遺産知床の地へ

紋別でゴマちゃんたちとたわむれたら一気に知床に向かいましょう。
冬の知床は、雪に閉ざされます。
そして、一番流氷の密度が高いのがここ知床。

9342701233 899ce6fa05 o

本当にみっちりと接岸しています。
流氷のために波は一切ありません。ぎゅう、ぎゅう、と流氷同士がこすれ合う音が聞こえています。

そして、なんといってもオススメはプユニ岬です。
場所はココ。



ここは、絶景の夕焼けを撮影することができます。

DSC0147

9345508010 16f9aefd3c o

流氷に沈む夕日を見ていると、本当に心を洗われるようです。
寒さに絶えるだけの価値がそこにはあると思います。
初めて見た時には、涙がこぼれました。

流氷観光は覚悟を持って

いきなりちょっと脅かすようですが、流氷は気まぐれです。
時期をちょっと逃すと風の影響などでいなくなってしまいます。
来たからといって、必ず見られるわけではない、ということを思っておいてください。ただし、先ほど紹介した2月の中旬から下旬であれば、かなりの確率で出会えることと思います。

また、交通手段が車以外ほとんどありません。
冬道を走る練習などをお忘れ無く。

また、防寒には念を入れて入れすぎることはありません。明け方などは-20℃程度まで冷え込むこともありますし、吹きさらしの船上は体感温度がさらに低くなります。

このように覚悟は必要ですが、それを補って余りある世界が待っています。
オススメのコースやポイントなどまだまだお伝えしたいことがたくさん。
ぜひ、TwitterやFacebookなどで質問してくださいね!

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>