[生産終了品]「FUJI FILM PRO 800Z」作例とともにレビュー

生産中止になってしまったフィルムを振り返るシリーズ第二弾です。
あまり何弾もいきたくないところではありますが……

フィルムカメラを使用していて一番残念なこと。
それは、気に入っていたフィルムが生産中止になっていくことです。
折しもデジタル全盛の時代。フィルムの需要はそうそうないのはわかってはいますが、お気に入りでよく使用していたものだったらなおさら。

第二弾の今回は、「FUJI FILM PRO 800Z」です。

FUJI FILM PRO 800Zというフィルム

ISO800というスペック。その割にはよく抑えられている粒子感。パキッとした色乗り。非常に使いやすくて好きな色味とともに頻度が高かったです。ちょっと値段が高いところがネックでしたが、それでも現像された写真をみると忘れてしまいましたね。

では、さっそく写真を見てみることにします。

0622000001

まず気持ちのよい空の色に驚かされます。
フィルムで青空の色はなかなか表現が難しく、きれいに出てくれません。ですがこの色。もちろん、現像してくれた写真屋さんの腕にもよるところがありますが、このフィルムの特徴でもあるパキッとした色乗りがうまく表現されている一枚だと思います。

 

06221000018

空の色がきれいな写真をもう一枚。
非常に自然な淡い色が良く再現されていると思います。デジタルで彩度をこれでもかと上げた青ではなくて、自然な色。飛行機の音だって聞こえてきそうです。

 

0622000016

06221000031

さすが高スペックのフィルム。ISO800の感度とあわせてちょっと暗くなった夕方や室内でもシャッタースピードをかせげたのが良かったです。逆に日中は絞りを開けられなかったり、シャッタースピードがカメラの上限になってしまったりしましたが、それでも汎用性は非常に高かったです。

きっちり露出をあわせた状態で撮影しておけば、現像やプリントで色乗りや表現を変えることもできるいいフィルムでした。無くなってしまったのは非常に惜しいなぁ……

でも、フィルムは良いものがたくさんあります。ぜひとも残っているフィルムで写真を撮ってみてください。そして、フィルム写真を現像してお店でプリントしてみてください。その時の気持ちは代えがたいものがありますよ。気に入った写真は額に飾ると感動もひとしおです。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>