[Part 2] AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G 実写レビュー 〜冬の函館編〜

以前にもレビューをお伝えしましたが、今回はPart 2です。


[Shooting Report] AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G 実写レビュー | Senbonsakura.com

冬に函館に行った時の写真で、AF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gを使用したものを紹介します。
参考になれば幸いです。

3

今回も愛用機D700に取り付けて出発です。

冬の函館にて

DSC8413

暗めのホテルの廊下で撮影してみました。
奥の光源のボケがきれいに出ています。手前のピントが合っている部分はすごくシャープ。解像度が高いレンズ性能がうかがえます。

 

DSC8518

古いタイプライターですが、細かい部分までよく撮れています。
開放から2段程度絞っての撮影ですが、すごくいい写りをしてくれます。

 

DSC8473

F1.8と明るいレンズのため、夜の手持ち撮影も全然行けますよ。
ビシッとシャープな写りです。ちょっと絞ってF2.8での撮影です。

 

DSC8674

開放での撮影。
開放だと、周辺落ちがやや見られますが、これも少し絞れば収まります。
開放ですが、解像はシャープなのがわかると思います。

 

DSC8669

DSC8517

 

Nikonの標準レンズ、AF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gは安価ながらいいレンズです。
軽いし、持っておいて損はありません。

ボクも、このレンズだけ付けて出かけることがあるくらい重宝しています。
ズームレンズでは撮れない描写も可能。
ぜひいかがですか??

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>