SONY α7Ⅱ で星空撮影にチャレンジ!きれい・カンタンに撮る方法!

写真撮影のジャンルは本当にたくさんあります。

風景だったり、街角スナップだったり、ポートレート(人物)だったり、鉄道、スポーツと、それぞれに専門というか得意としている方々がいて非常に勉強になります。ボクはどちらかというと、風景写真やスナップが多いように思えますし、人物の撮影はほとんどしなかったりします。

今回はSONY α7Ⅱを使用して、美瑛の星空の撮影にチャレンジしてみました。

星空の写真を撮るために

今まで、満月の撮影をしたことはありますが、本格的な星空の撮影をしたことはありませんでした。
星空の撮影といっても、天体望遠鏡を使用するようなものではなく、あくまでも風景写真としての星空写真という位置づけなのですが、それでも撮ったことがありませんでした。

今回、美瑛のいろいろな風景を撮影する(別の記事でまた紹介予定)機会があったのですが、撮影当日は、冬の美瑛にしては珍しく快晴で、星がすっごくたくさん見えるだろう、という考えがあったからです。ライトアップされた「青い池」の撮影をすると決めていましたので、ちょっと星空も眺めてみよう、というのがきっかけです。

星空を眺めることは以前から好きでしたので、何事も経験です。

さて、星空を撮影するにあたって絶対に必要なもの。
それは三脚です。暗い中での撮影になりますので、これは絶対です。

他に何か必要なのかな、と思って調べてみましたが、特別な必要はないみたい。
レンズも特に特殊なものは必要無い(天体望遠鏡を使用しない撮影)ようです。デジタル一眼レフカメラを最初に購入した時についてくるキットレンズでも十分だそうです。

あと、あったら便利なものとして、リモートレリーズ(リモコン)。これはブレを防ぐためですね。なければ、カメラに標準でついてくるタイマーを使用します。ボクは2秒タイマーを使用しました。あと、長時間の露出をするのであれば、「パーマセル」と呼ばれる専用のテープがあるとイイらしいです。これは、ズームやピントを保持しておくために必要のようですが、今回は使用していません。

さあ、では実際に撮影してみましょう。

星空撮影で重要なもの

やっぱり星空撮影ですから、天気と時間と場所は特に重要です。

天気に関しては、雲はないにこしたことはありません。
また、時間は日没から数時間経っていたほうが真っ暗になるので良いですね。

場所は、やはりできるだけ暗い所をお勧めします。外灯や街の明かりが入ってしまうときれいに撮影できませんし、車も通らないところが良いです。郊外であればあるほど、チャンスは広がりそうです。

で、今回の撮影した日なのですが、満月の日でした・・・・
快晴だったのですが、満月。
星空を撮影する、ということに関しては実は大敵のようです。なぜなら、明るい星しか写らなくなってしまうから。できれば新月か、月がなるべく欠けている時の方がいいようです。

今回は、仕方なし。

カメラの設定

撮影する際には、普段街角をスナップしている設定とは異なります。
少しまとめてみました。

マニュアルモードを使用する

普段使用しているAutoや、絞り優先などのモードは実は上手く撮影できないので使用しません。
状況に合わせて、シャッタースピードや絞りを自在に設定できるマニュアルモードで撮影します。

オートフォーカスOFF、手ブレ補正OFF

オートフォーカスはあてになりません、というか被写体が暗すぎてオートフォーカスが効きません。なので、マニュアルモードに変更しておきます。カメラのモニターを利用して、マニュアルでピントを合わせます。また、普段は便利な手ブレ補正機能ですが、三脚にセットした状態で長時間露出をすると誤操作してしまうので、これもOFFにします。

F値、ISO、シャッタースピード

こればかりは、撮影する場所の状況や暗さによっても左右されるので、一概にこれ、という値はありませんが、大体この程度から様子を見てみる、というものがあります。

F値→開放(そのレンズで一番明るい状態)
ISO(感度)→800
シャッタースピード→15秒

上記の設定を参考にして、少し明るめの場所ならISOを少し落として(400程度)様子をみたり、真っ暗な環境であればISOを1600や3200に設定してみる、という感じです。

シャッタースピートに関しては、15秒以上にはしないようにします。
これ以上長くしてしまうと、「星が流れてしまう」からです。もちろん、星の円周軌道を撮影したい場合には、より長時間の露出が必要ですが、星を「点」として撮影したい場合には10〜15秒を目安にします。

実際に撮影してみた

DSC2071

先ほどもお話ししたように、この日は満月で月がとても明るかったのです。
なので、おそらく明るめの星(3〜4等星程度)までしか見えていないようです。それでもなかなかイイ感じに写ってくれました。

この写真で、ISO→800、シャッタースピード15秒です。

 

DSC2073

同じくISO→800、シャッタースピード15秒。

冬の星座の代表格であるオリオン座や、冬の大三角(おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオン、オリオン座のベテルギウス)がハッキリと見えています。

 

DSC2103

ISO→640、シャッタースピード10秒

美瑛の有名なスポット、クリスマスツリーの木と一緒に。
このすぐ左上に満月があるので、少し露出を少なくしてみました。

 

 

星空の撮影は、思っていたほど難しくはありませんでした。
先ほどの設定を何度か調整しているうちにきっといい数値が見つかるはずですので、何度かトライしてみましょう。ピントに関しては、無限遠でいったん撮ってみます。ただし、カメラとレンズの組み合わせによっては、無限遠が出ていないものやずれているものがあるので、その際には微調整します。

また、撮影する際には先ほども書きましたがシャッターボタンを直接押さない様に注意してください。ブレの原因になります。必ず、リモートレリーズや2秒タイマーを使用して、ブレを最小限にするようにしてください。

今回の撮影では、満月という条件も合って明るい星しか写らない状況ではありますが、それでも作例のようにきれいに撮影できました。冬は、星空が一番きれいな季節だと思っています。寒いですが、それを乗り越える美しさを、ぜひ撮影してみてください。

Pocket
LINEで送る

1 Response

  1. 3383jiji より:

    おはようございます。
    またまた、読み返しています。
    勉強になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>