定番だけど使ったことのない「Kodak Gold200」を使ってみたので、作例とともにレビュー!

フィルムカメラを使ったことがある人なら、その名前を知らない人はほとんどいないのではないかと思える「Kodak Gold200」。もちろん、ボクもずいぶん昔から店頭に並んだりしていて存在自体は知っていたのですが、今まで1回も使ったことがありませんでした。

理由としては、「なんとなく」 …これしかない!
値段もめっちゃ安いし、テスト用というか、数をこなすためにはいいのでしょうが、なんとなく避けていました。でも、あるところで1本200円程度で激安販売していたもので、ものは試しに買ってみました。

作例とともにレビューしてみます。

Kodak Gold 200のテイスト

FH000001

意外にも、色がパキッと出てくれますね。ビビッドまでは行きませんが、青系の色が比較的出てきます。ISO感度200ですが、それなりにノイズ感はありますが、いい意味でもフィルムっぽい荒々しさがあると言ってもいいでしょう。

ボケもちょっとつぶれ気味ではありますが、そんなに悪い雰囲気ではありません。この時のレンズは50㎜の標準レンズですが、意外と写ってくれますね。

 

FH000014

この写真だとよくわかりますが、青と赤の描写にやはり独特の感じがありますね。粒子感ははっきりいってありますし、ちょっと暗めになってくるとそれが顕著です。でも悪い雰囲気ではないですね。

 

FH000020

さすがにこのくらい周囲が暗くなってくると、ISO200でも粒子感がばんばん出てきますし、描写もままならなくなりますが、安いフィルムだしあまり文句は言えませんね。

感想は?

それなりの粒子感と、それなりの甘さはありますが、そこは料金の安さとトレードオフでしょう。テスト用にはちょうどいいフィルムだと思います。これで本番用写真を撮る気にはなりませんが、逆にこういった効果を狙っているのならありかもしれません。

時たま大量に超お安く売っていたりするので、目にとまった時にいかがですか?
今回は暗い中での撮影でしたが、晴天の日中なら意外と使えるフィルムかもしれません。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>