フィルム写真と過ごす時間。さあ、Monochromeの世界へ。

写真と言えば、今ではもうデジタルカメラで撮影したもの、となってきました。

そして、カメラといってもデジタルカメラのことを指すようになりました。iPhone、コンデジ、ミラーレス一眼、デジタル一眼レフカメラなど、みんな良い写りをするモノばかり。手軽に持ち運べますし、ほとんどはシャッターボタンを押すだけ。この簡単さこそがデジタルの最大の魅力だと思います。

かたや、もうほとんど店などでも見なくなってしまいましたが、フィルムカメラもまだまだ存在しています。でも、フィルムカメラはなかなか一筋縄ではいきません。デジタルのようにたくさん枚数も撮れないですし、コストもかかります。

フィルムカメラは、フィルムを買うお金、フィルムを現像するお金、その現像されたフィルムをCDに焼いたりプリントしたりするお金、など、1回の撮影のために数千円というコストがかかります。多く枚数を撮ろうと思ったら、ここでもデジタルにかないません。

また、写真を撮る行程も大変です。ボクの持っているNikon F2というカメラは、古いマニュアルカメラ。ピント合わせも、絞りの操作も、シャッタースピードも、露出も、全部自分でマニュアルで操作しなくてはいけません。

一枚の写真を撮るには、まず光の量を専用の露出計で測って計測し、その数値をもとにシャッタースピードと絞りを合わせ、ピントを合わせ、そしてようやくシャッターが切れます。なので、連写などはほとんどできないのです。一枚一枚が重い。

デジタルにはないフィルム写真の価値

ですから、こういった行程を経て撮ったフィルム写真は、その時の情景を良く覚えています。あんな感じで撮った、ここはどうだった、と。これはデジタルでは味わえない感覚です。さらに、モノクロ写真になると、「色」といった情報もなくなります。見ている人は、ここも想像するのことになるのです。

こういった性格から、フィルムにはゆったりとした時間が流れているような気がします。なにか、忘れてしまった時間です。フィルムカメラをぶら下げてのんびり歩いていると、いろいろなことが目に入ってきます。普段歩き慣れた道のりも、意外と発見が多かったりして。

また、「写真を撮ってる」という気持ちがより深くなるのもいいところかもしれません。なにしろ、写真を撮るまでの行程が長いですから、その行為自体を楽しむことになるのです。

普段気にしない目に飛び込んでくる光景も、写真の構図として考えると全然違ったモノに見えてきます。木々や花や、普段の駅や、社内や、それこそベンチだって、ファインダーを覗くとまた普段とは異なった世界が写っているのです。そういった世界を探検しながら写真を撮っているという気持ちが大きくなります。

機会があったら、フィルムカメラ一つで出かけてみましょう。鈍行列車の旅とかオススメです。

のんびりもできるし、帰った後に写真プリントする楽しみもできるし、なかなかいいですよ。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>