誰にでもあると思うけど、耳について離れない曲。

誰にでもあると思うけど、耳について離れない曲。

ふとした瞬間に、口ずさんでいたり頭の中で流れたり。
きっと、その時の心情や心理や気持ちがそうさせているのかも知れない。

不思議なことだけど、とても人間らしいと思う。

そんなワケで、今ボクの頭の中に流れ続けている曲。
それはこんな曲。

 

Deep purple rapture of the deep front

Deep Purpleのアルバム、「Rapture of the Deep」の中に収録されている”Clearly Quite Absurd”という曲がそれ。Deep Purpleといっても、2005年のアルバムなので結構最近の曲。往年のハードロックバリバリの印象からはちょっと異なり、「大人のロック」になっている。

Deep Purpleの歴史から言うと「第9期(2002年3月 – 現在」に分類される。

メンバーは、
イアン・ギラン(Ian Gillan) Vocal
スティーヴ・モーズ (Steve Morse) Guitar
ロジャー・グローヴァー(Roger Glover) Base
イアン・ペイス(Ian Paice) Drums
ドン・エイリー(Don Airey) Keyboard

…という顔ぶれ。

一番最初からのオリジナルメンバーは、ドラムのイアン・ペイスのみだけど、イアン・ギランやロジャー・グローヴァーなど、黄金期のメンバーもいたりする。でも、大人ロック。Deep Purpleの象徴とも言えそうなリッチー・ブラックモアやジョン・ロードはもういない。ジョン・ロードは、ボクも影響を受けたミュージシャンなので非常に惜しいことをした(2012年7月16日に亡くなった)。

では、その頭の中の曲。

 

聞いていて、すごく切ない気持ちになる。

 

After all we said today, the strangest thought occurred
I feel I ought to tell you, but it’s clearly quite absurd
Wouldn’t it be wonderful, If you could read my mind
Imagine all the stuff we could leave behind

How many words you waste before you’re understood
Or simply sow some seeds, you’d do it if you could
Let me take a moment of your time
Inside you mind

I know what you’re thinking, but I don’t know what to say
The turmoil and the conflict, you don’t have to feel this way
Look into my eyes and feel my hand upon your heart
Holding us together, not tearing us apart

How many words we waste to justify a crime
Compare it to an act of love, that really takes no time
Why not take a moment to unwind
Inside your mind

How many words I’ve wasted you don’t want to here
Why not sit in silence, while the muddy walls clear
Why not take a moment to unwind
Inside your mind

After all we said today, the strangest thought occurred
I feel I ought to tell you, but it’s clearly quite absurd

「Clearly Quite Absurd」
訳すと「明らかにばかげてるよ、」となるかな。

明らかにばかげていても、取り組まなくてはいけなかったり、不条理に感じたりすることのなんて多いことか。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>