これから始めるWordPress・もう始めてるWordPress どちらも必見高品質テーマ厳選25選 その2

さて、前回WordPressのテーマを、ブログ・ギャラリーに向きそうなものを厳選して25テーマ紹介しました。


これから始めるWordPress・もう始めてるWordPress どちらも必見高品質テーマ厳選25選 その1 | Senbonsakura.com

今回はその第2弾です。今回は、シンプルテーマ、ミニマルテーマ、コーポレートサイトでも使用できそうなもの、そしてちょっと変わったものまで含めて25選紹介します。

WordPressを使用している方はたくさんいると思いますが、テーマもたくさんありすぎてどれを使ったら良いのかわからない、と言う方も多いと思います。豊富な使いやすいプラグインや、ブラウザベースで更新できる手軽さとともに、高品位で美しいテーマが非常に多いので迷ってしまいますね。

前回と合わせて50選紹介しましたので、迷っている人必見!

シンプル・オーソドックステーマ

企業やオーソドックスなサイトに良くあうと思うシンプルデザインを15紹介します。

SimpleCorp http://www.s5themes.com/theme/simplecorp/

2014 04 06 19 58 46

シンプルな構成と落ち着いた色使いで、どんなサイトにも対応できる。サムネイル写真をマウスオンした際のアクションもユニーク。ブログに使用してもオーソドックスな2カラム構成で何にても使用できるだろう。レスポンシブデザイン対応。

INTEGRITY http://theme.co/x/demo/integrity/1/

2014 04 06 20 03 45

サイトの動きや操作感がとても気持ちがよい。レスポンシブデザインにも対応しており、さまざまなレイアウト、そしてサイトに対応できる。ブログでの使用はもちろん、企業のサイトでも十分使用できる汎用性の高さを持っている。

Rotary http://fearlessflyer.com/free-kick-ass-theme-built-for-wp-3-rotary/

2014 04 06 20 07 20

モノトーンでシックな印象。トップページ上の写真は、テーマの名前の通り「ロータリー」のようにくるくると回転しているデザイン。暗い背景を選択すれば、写真なども良く映える。

Bizz http://www.wpexplorer.com/bizz-wordpress-theme/

2014 04 06 20 08 57

シンプルデザインという言葉がよく似合う。余計な装飾はほとんど無いと言って良い。フッターの部分に色が少し付いている程度。シンプルな反面、内容が伴っていないと、つまらないサイトになってしまう。レスポンシブデザインには非対応なので注意が必要。

deCente http://themeshift.com/theme/decente/

2014 04 06 20 10 48

背景から浮き上がって見えるデザインが美しい。シンプルなデザインは、ホームページ、ブログどちらにもよくあう。写真もポップアップで美しく表示され、写真も重視したサイトにも向く。レスポンシブデザイン対応なので、モバイルサイトもすぐ構築可能。

WP CODA http://wp.choicethemes.com/wp-coda/

2014 04 06 20 12 35

シックで落ち着いた色使い。デザイン系の企業や、ショップなどにも向いている。メインの記事部分は、カテゴリごとに横スクロールしていく珍しいタイプ。ちょっと他とは違う個性的なサイト作りがしたい場合にもよいだろう。

Vantage http://siteorigin.com/theme/vantage/

2014 04 06 20 13 54

トップページに配置された大きな写真で訪れた人の注目を得ることができる。ヘッダーやフッターが画面の幅に応じて可変するタイプ。色使い含めて、デザインはミニマム。余計なものは排除して中身勝負したい時に。レスポンシブデザイン対応。

Eureka http://fearlessflyer.com/eureka-for-wordpress/

2014 04 06 20 16 04

モノトーンで構成されて落ち着いた雰囲気。トップページは一目で「企業サイトだな」と理解させることができるだろう。写真を落ち着いて見せることもできるため、ギャラリーとしても使用できると思う。ただし、レスポンシブデザインには対応していない。

Ameyso http://p.tl/spwc

2014 04 06 20 19 14

色使いからキッズや女性向けのサイトにも良い。もちろん色の変更でがらっと印象を変えることも可能な汎用性の高さを持っている。レスポンシブデザイン対応で、こちらもいろいろなサイトの構築がすぐにできるので手間もかからない。

Portafolio http://www.wpexplorer.com/portafolio-wordpress-theme/

2014 04 06 20 22 49

インテリアや写真を多く配置したようなサイト作りにも向いているデザイン。モノトーンベースで、これらのコンテンツが引き立つだろう。イメージギャラリーマネージャーが写真の管理や配置に重宝する。

Typominima http://typominima.blogsessive.com/

2014 04 06 20 25 03

本当にシンプルなデザイン。装飾と言えるのは、文字間の飾りとテキストの変化くらい。なので、記事や写真の内容がよくわかるし読ませることができる。ただし、内容にこだわりがないと面白くないサイトになってしまう。

Magnifique http://www.cssigniter.com/ignite/themes/magnifique/

2014 04 06 20 26 39

テーマはミニマルとレスポンシブ。写真を大きく配置したサイトは非常に眼を引くだろう。デザイン重視、写真やイラストなどを重視したサイトにはコンセプトがぴったりとあうだろう。主張できないとむずかしいデザインだと思う。

Time http://www.s5themes.com/theme/time/

2014 04 06 20 28 12

赤いドットのシンボルが印象的なテーマ。ヘッダーやフッターの色づけもない。こちらも写真が効果的に配置できると非常に目を引くサイトになるだろう。レスポンシブデザイン対応。iPhoneなどのiOS 7とも親和性の高いデザイン。

Manifes http://themes.jimbarraud.com/manifest/

2014 04 06 20 29 42

シンプルテーマの極みとも言えるデザイン。メインの部分も幅がわざと細めに設定されているので、ごちゃごちゃした感じがなく、白さ・シンプルさが際立つ。テキスト重視でも良いが、日本語だとちょっと間が持たない。

Origami http://siteorigin.com/theme/origami/

2014 04 06 20 32 15

「折り紙」という名前のテーマだが、特に折り紙がモチーフになっている訳ではない。デザインは背景に少し色が付いている程度。ブログからホームページまで幅広く対応できるだろう。レスポンシブデザインに対応している。

その他のジャンルのテーマ

その他のテーマいろいろ10選、選んでみました。

Wootique http://www.woothemes.com/products/wootique/

2014 04 06 20 34 25

ショッピングサイトに向いているテーマ。WordPressでは、別途プラグインなどの追加が必要になってくる場合があるが、こういったeコマース用のテーマも用意されているのは非常に使いやすいと思う。ショッピングカートなどの機能ももちろん備えている。

Artificer http://www.woothemes.com/products/artificer/

2014 04 06 20 35 38

eコマース用の テーマをもう一つ。デザイン的には先ほどのWootiqueよりも高級感があるので、扱う商品によって使い分けるとよい。もちろん、eコマース専用ということではなく、通常のサイトやブログ使用もできるので、デザインが気に入れば導入できる。

DesignWall http://www.designwall.com/wordpress/themes/wallpress/

2014 04 06 20 37 13

トップページの表示が、記事ごとのサムネイルになり全面表示される感じが、ニュースサイトやWebマガジンに向いていそうだ。サムネイルをクリックすると、オーソドックスな3カラムの記事ページにジャンプする。レスポンシブデザイン対応で、幅広いデバイスの表示が可能。

Magazeen http://p.tl/tAzP

2014 04 06 20 40 04

その名も「マガジン」というテーマ。サムネイル表示や、テーマの構成がWebマガジン等のサイトに向けられて作られてる。デザインはシンプルながら、記事の中身がうまく引き立つような色使いが印象的。

Hueman http://alxmedia.se/themes/hueman/

2014 04 06 20 42 30

情報量の多いマガジンサイト向けか。3カラム構成のレスポンシブデザイン対応で、画面の幅に応じてカラムの幅や表示方法が変更になり、iPhoneやタブレットでも見やすさが損なわれることはない。写真が豊富だと非常に見栄えのあるサイトになる。逆に情報量が少ないと、間が持たない。ちなみに、当ブログはこのテーマをもとにカスタマイズを実行して作成。

Newspaper http://fearlessflyer.com/themes/newspaper/

2014 04 06 20 45 00

テーマの名前の通り、新聞をちょっと思わせる3カラム構成のオーソドックスなテーマ。記事部分の色が黒くなっているのは個性だろう。もちろん、フォトギャラリーやブログにも使用できるデザインの汎用性の高さが魅力。レスポンシブデザイン対応。

Revera http://www.fabthemes.com/revera/

2014 04 06 20 48 56

トップページに全面表示されている写真が目を引く。Webマガジンとしても記事が見つけやすいし、フォトギャラリーとしても良いだろう。新しいテーマではもう標準装備となっているレスポンシブデザイン対応。

Launcher http://mythemeshop.com/themes/launcher/

2014 04 06 20 51 35

ちょっと変わったものを紹介。サイトや情報公開までのカウントダウンをしてくれる(だけの)テーマ。ポップな色使いとロケットが発射するイラストがかわいらしい。こういったサイト、よく見かけますよね?

Whiteboard http://whiteboardframework.com/

2014 04 06 20 53 45

自分自身でテーマを決めたい時に使用できるフレームワーク。コードを上書きしたり選択したりすることによって、様々なテーマ(ギャラリー用・ブログ特化など)に変化させられる。通常のテーマより拡張性が高く、ちょっと上級者向け。

Basic http://themify.me/themes/basic

2014 04 06 20 55 18

まさに「ベーシック」。こちらもフレームワークとして活用できるテーマ。自身でテーマを再構築することも可能。このテーマをダウンロードしただけでももちろん使用できるし、思いっきりアレンジして楽しむのもよい。レスポンシブデザインにも対応。

今回はここまで

いかがだったでしょうか。2回にわけてお送りしたWordPressテーマ。
また機会があったら、紹介したいと思っています。

WordPressのテーマには、もちろんここに紹介した以外のすばらしい高品質なテーマがたくさん存在しますし、そういったテーマを紹介するサイトもたくさんあります。こういったテーマ探しもWordPressの魅力と言えるでしょう。

もちろん、テーマをころころと変えてしまっては、サイトのイメージを崩しかねないものですが、個人ブログなら、そういった遊び心も許されるはずですよね。

テーマを変える時にはバックアップも忘れないでくださいね。また、本番環境を使ってテストするよりも、ローカルにWordPressのテスト環境を作ると便利です。以下の記事を参考にしてくださいね。


ローカルサーバー構築にチャレンジ!MAMPの設定とWordPressの設定 | Senbonsakura.com

ぜひ、お気に入りのテーマを見つけてください!

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>