絶品の積丹ウニを味わう!  6月解禁でオススメ、これからの時期がベスト!

北海道には、観光地がたくさんあって紹介するのに困ってしまうくらいですが、もうすぐシーズンを迎える「あの食材」があります。

「ウニ」です。

北海道は絶品ウニの宝庫

もちろん、東京でもウニは食べることができますが、北海道の採れたてのウニは格別。
きっと、ウニの価値観を変えることになるかもしれません。今回は、そんな絶品ウニをたらふく食べられるコースを紹介します。

目指す場所はここ。

 

北海道のウニの産地で有名なのは、利尻と積丹です。
ウニの主食は昆布。おいしい昆布が採れる地域は、おいしいウニの産地でもあるのです。なかでも、利尻のウニは格別と言われていますが、いかんせん遠いのが難点。さすがにふらっと立ち寄るにはかなり厳しいのです。

そこでオススメなのは積丹半島のウニ。
積丹のきれいな海が育んだウニは、利尻のそれに勝るとも劣らない素晴らしいものがあります。積丹のウニ漁が解禁されるのは6月、まさにこれからの時期。この6月から8月ころにかけてが、積丹のウニを一番おいしく食べられる時なのです。この時を逃す手はありません。

積丹半島への道のり

積丹半島は、札幌から約100㎞。車で2時間程度で到着することができます。
交通機関は車だけに限られますが、レンタカーを借りてもそう困難な行程ではありませんので、ぜひドライブがてら行くことをオススメします。

 

もちろんお目当ては積丹のウニなのですが、それだけではありません。
積丹半島は、「積丹ブルー」と表現されるほど、海が素晴らしくきれいなのです。東京や大阪では決して見ることのできない澄んだ青は、感動すること必至。そこに至るまでの行程や、積丹岬、神威岬など、見ておきたい場所もたくさんあって、飽きることはありません。

オススメのコースは、朝早く札幌を発ち、車で積丹岬方面を目指すルート。
できれば朝7時までには札幌を発ちたいところです。
と言うのも、積丹で採れるウニをもっともおいしく味わえるのが朝だからです。朝、漁に出て採れたまさに採れたてのウニをほおばるには朝が一番なのです。そのためには、早起きもガマンして。

札幌から積丹までの行程は、小樽までは高速道路を使用できます。
高速をおりてから約1時間30分程度。道は険しくなく、比較的楽に走ることができると思います。

ウニをたらふく食べる!

積丹岬付近にはいくつかウニ料理のお店がありますが、有名なところは「積丹 うに丼 お食事処 みさき」。店主さんがウニ漁師であり、添加物を一切使用していない最高の天然ウニを提供してくれます。

 

DSC 0486
DSC 0482
DSC 0485

6月~8月しか食べられない1日10食限定の「赤ばふん生うに丼」も絶品です。
もちろんウニ丼の他にも、活きウニを食べることができます。殻を割って提供されるウニは最高のヒトコト。ぜひ味わってもらいたいです。

もちろん、ウニにありがちなミョウバンを使用していない甘いウニを堪能できます。
初めて食べると、これが本当のウニなのかとびっくりすると思います。

積丹ブルーを目に焼き付けよう

さて、ウニ丼でお腹いっぱいになったら、積丹ブルーを眺めに行きましょう。

 

DSC9775
DSC9779

オススメは神威岬。
360℃の展望と積丹ブルーは、今まで見たことのない海を感じられるはずです。

DSC9767

帰りに小樽に立ち寄って、ロマンティックな夜の小樽運河を散策することもできますし、きっといい思い出になるコースだと思います。夏に北海道に観光にいらっしゃる方はたくさんいると思いますが、ぜひ、コースの1つに組み込んでみてはどうでしょうか。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>