Mac OS X「Yosemite」にして気になる機能3つをスクリーンショットとともに紹介!

2014 07 25 18 40 32

Macの新OS「Yosemite」がリリースされてもう1ヶ月経ちました。
Mac使いの皆さんはもうアップグレードしましたでしょうか??

UIや使い勝手が大きく異なる部分が増えて、今までのMac OSXっぽくない、と思われている方も多いかとは思いますが、今回のアップデートでとても使い勝手が良くなりました。さすがに全部、という訳にはいきませんが、この1ヶ月ちょっと「Yosemite」を使用した感想を交えながら紹介したいと思います。

まずデスクトップはどのように変化したか?

2 20

ぱっと見ると、あまり変わっていないように見えますが、Dockのデザインやフォントなど、変更点はかなり多くあります。Dockのデザインやゴミ箱の形は慣れていないとちょっとMacっぽくないと感じられる方も多いかもしれません。

でも全体的にシンプルになって、すっきりとして。
とても気に入っています。

 

そしてこれ、通知バー。

2014 11 21 22 16 48

iOSっぽい感じがちょっとしますね。
Yosemiteは全体的に「すりガラス」のような効果が多用されています。iPhoneやiPadでもおなじみのちょっと裏側が透けた感じのあれです。この通知バーもちょっと背面が透けているデザインになっています。

そして、なにより「ウィジェット」という概念が入ってきており、好みによってカスタマイズできるのが何よりの良い点です。天気予報や、計算機などちょっとおいておけるのがいいですね。

 

2014 11 21 22 04 11

ウィンドウのデザインや、フォルダや左上のボタンも変わりました。
また、ガイドアイコンのデザインも変更されて、iOSとの統一が図られていることがわかります。

かといってMac OSがiOS化しているのかと言えばそういったことはなく、よりシームレスに連携できるために歩み寄っているという感じです。

気になる機能① Spotlight

2014 11 21 22 08 02

Yosemiteになってから、Spotlight検索が一気に使いやすくなりました。
Mac内の情報はもちろんのこと、Web検索やWiki検索、地図や音楽にダイレクトアクセス可能です。

今までのSpotlightは、メニューバーにひっそりと表示されていましたが、今回からディスプレイの真ん中に大きく表示されて使い勝手もバツグン。メールやメモを探すのにとっても重宝しています。

気になる機能② HandoffとContinuity

2014 11 21 22 09 15

Appleは、YosemiteとiOS 8.0を使用することによって、「Continuity=連続性」を掲げています。iPhoneで書いていたメールをそのままMacで引き継げたり、Macで作っていた書類をiPadで編集したりと、今までよりもさらに簡単に「連続して」作成可能になっているのです。

2014 11 21 22 09 25

その中でも便利なのが、iPhoneの着信をMacで受信できること。
同じWi-Fi環境に繋がっていれば、わざわざiPhoneで受信することもありませんし、Macから電話をかけることもできます。この同じWi-Fi環境というのは、インターネットに繋がっている必要は特になく、モバイルルーターで擬似的に同じ接続環境下を作ってあげてもOK。出先でも簡単にContinuityが可能になります。

気になる機能③ Message

2014 11 21 22 09 04

意外と言えば意外でしたが、以前はMacから携帯向けにSMSを送信できませんでした。
今までは、いちいちiPhoneに持ち替えて作成や送信を行っていたのですが、これが意外と面倒でした。

今回からこれが解消。
やはりキーボードを使用してのテキスト入力は圧倒的に使いやすいですし、持ち替える手間もなくなってストレスがなくなりました。

 

この他にも、注目すべき点はたくさんあるのですが、それはまた今度ご紹介して行こうと思います。
ともかく、iPhoneやiPadを使っているのであれば、作業や効率がUPすること間違いなしです。

デバイス同士をケーブルで接続することもなく、また複雑な共有設定をする必要すらありません。必要なものはWi-Fi環境とApple IDのみ。これさえあれば、パソコンやネットワークに詳しくなくても、すぐにiPhoneやiPadやMacが連携されてシームレスに作業が捗ります。

このために購入してよかった、と思える体験ができると思います。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>