キーワードは「連続性=Continuity」! 新OS X Yosemiteの内容が気になりすぎる!

AppleのPCと言えばMac。

そのMacで使用されているMac OS Xの最新バージョンである「Yosemite」のβ版が、一般向けにダウンロードできるようになって早半月が流れました。

 

 

もう試していらっしゃる方もたくさんいると思います。

ボクは、というと実はダウンロードできるようにユーザー登録はしてあって、いつでもダウンロードできる環境にあるのですが、もったいないのと楽しみたい(正式発表まで待って感動をしたい)と言うのもあって、未だにインストールするのを躊躇しています。

Windowsだと、RTMバージョンとか速攻入れていたのに、なんとなくMacはじらしてみたいという欲求に駆られています。それだけ、今回のYosemiteは期待感が大きいのです。

その期待感の大きさはどこからくるのか、というと、デザインが一新されるということはもちろんそうなのですが、やはりiPhoneやiPadとの連携、親和性がよりUPすることだと思います。

今回は、新OS X Yosemiteの注目の機能を、iPhoneやiPadとの連携部分を中心にまとめてみました。

 

その① メール機能に関して

今回のメール機能は、トピックスがいくつかあります。

その最大の特徴が、「メールドロップ」と呼ばれる機能だと思います。
このメールドロップ、なんと添付ファイルの容量が最大5GBというところがすごいところです。

今までメールは、各ISP(プロバイダ)等によっても若干異なりますが、大体5MB〜20MB程度の添付ファイルしか受け付けてくれませんでした。写真のサイズもだんだんと大きくなって、数枚添付すると上限に達してしまったり、動画などはそもそも添付を諦めるしかない状態でした。

それが今回は、一挙に5GBという破格の容量。

これはもちろん、Mac同士でなくても、つまりOS Xのメール機能を相手が使用していなくてもこの5GBの容量が使える、ということが最大の特徴なのです。

 

 

これまで大容量のファイルをやりとりするためには、既存のオンラインストレージ(DropboxやOneDriveなど)を使用せざるをえない状態でしたが、それが今回のメールドロップで解消されるのです。

仕組みはいたって簡単。

大容量の添付ファイルを追加した場合、そのがファイルはいったんAppleが展開する「iCloud」サーバーにいったん預けられます。そして、送信相手はそのサーバーからメールソフトを経由してダウンロードされるのです。

Mac以外のメールソフトを使用していても、ダウンロードリンクが自動的に挿入されるため、迷うことはありません。Mac同士のメールなら、まったくiCloudを意識せずファイルのやりとりが可能になります。

また、メールには新しく『マークアップ」という機能も追加され、ちょっとしたメモ書きや注釈などを添付ファイル(写真など)に差し込むことが可能になります。今まで他のアプリでしかできなかったことが、メール単体で可能になると言うことです。

コミュニケーションの方法が変わってきそうな感じがしますね。

 

その② メッセージと電話に関して

今回、非常に便利だなと感じた機能の一つにとして、このメッセージと電話関連があげられます。

今までMacのメッセージはキャリアメール(SMS・MMS)が使用できず、携帯電話にメッセージを送りたい時はiPhoneに持ち帰る必要がありました。Macで作業している時に、iPhoneにメッセージの着信があった場合、そのままMacで返信できたらな、とずっと思っていました。

だって、文字入力なら圧倒的にMacのほうが早いし、快適だから。
それが今回は、SMSとMMSに対応することによって非常に快適になるとのことでした。

さらに電話も同様で、iPhoneとMacが同じWiFi環境にあることが前提にはなりますが、iPhoneにかかってきた電話をMacで受信したり発信したりできるようになるのです。

Macには、スピーカーやマイクももちろん内蔵されているので、わざわざBluetoothなどでヘッドセットを利用しなくてもいいところが便利だと思います(内容は他の人に聞かれてしまいますが)。

 

 

上の写真のように、iPhoneにかかってきた電話はMac上に通知されます。

もちろん、電話を拒否することだって可能。
忙しい時に、わざわざiPhoneに持ち替えなくてもいいところはとてもありがたいと感じます。

このように、今回の新OS X Yosemiteと新しいiOS 8では、「連続性」(Continuity)が強調されていたのが印象的でした。今まで専用のデバイスでしかできなかったことを、その枠を取っ払って連続性=作業を中断することなく進めていけるというのが最大のトピックスです。

ますますiPhoneやiPadとMacとの連携がスムーズになると言うことで、今からとっても期待しています。
これって、Appleでしかできないハードとソフトの一体感なのではないかと思います。

 

新しいMac OS X YosemiteとiOS 8の発表は、もうすぐ2014年の秋。
その頃には新しいiPhoneや、新しいMacや、さらなる驚きのデバイスが登場しているかもしれません。

これからのAppleの動向に目が離せなくなってきました。

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>