Macを購入する際にはぜひ検討を!USキーボードをオススメする3つの理由

Macに限らず、通常日本で一般的に販売されているパソコンは2種類に分けることができます。
それは「日本語キーボード」か「英語キーボード」かです。
日本語キーボード=JIS規格、英語キーボード=US規格、ということですが、ボクはこのUSキーボードを圧倒的にオススメしたいと思います。

今回はそのオススメ理由を挙げていきます。

DSC1876

すっきりとしたデザイン

まずは外見的なことからオススメします。
Macには当然JISキーボードが標準で用意されていますが、Apple Storeでオンライン注文すると、USキーボードに無償で変更可能です。このUSキーボードは、当然のことながら日本語の表示がありません。日本語の表示がない、ということは、その分見た目がすっきりするといことになります。

DSC1878

まずは、USキーボードの外見を見てみましょう。
一目瞭然ですが、ひらがな表示がないだけで、ものすごくすっきりとした印象になっていることがわかると思います。今キーボードで日本語入力している(あを「あ」キーで打っている)人の割合はかなり少ないと思われます。ボクも仕事で数多くの人と出会ってきましたが、日本語入力をしている人は1人だけでした。

確かに、日本語入力はキートップに刻印された文字がそのまま出力されるので、特にキーボード初心者には都合が良かったり、ほとんどの場合1アクション1文字となるので、打つ早さがローマ字入力より早かったり、といったメリットはありますが、現状はほとんど使用されていません。

ならば、日本語がなくてもよい、と考えるのが自然です。
意外とキーボードのデザインというのはパソコンの印象を決めてしまうモノ。せっかくのMacですから、このあたりはこだわって良いのかな、と思います。

その大きさなどが使いやすい

JISキーボードと大きく異なる点として、そのキーボードの大きさにあります。
USキーボードは、キーの総数が少ないので、そのぶんキーの大きさにある程度余裕が出ます。例えば、非常に打鍵頻度が高いと思われるReturnキー(Enterキー)、Deleteキー(バックスペースキー)、SpaceキーなどはJISキーボードと大きく異なります。

DSC1880

スペースキーは幅広く打ちやすくなっていますし、リターンキーも、JISキーボードと比較してホームポジションから1キー分近くにあります。同様にデリートキーも近くなっています。このあたりが慣れてくると非常に使い勝手が良くなります。ホームポジションから手の移動が少ないということは、疲労の低減にもなります。仕事で一日数万文字も入力する人ならなおさらだと思います。

JISキーボードのエンターキーは確かに大きいですが、ホームポジション基準で考えると小指の移動量が多いですよね。大きな部分を打鍵するためには右上方面に移動しなくてはなりません。ならば、横移動が少ない方が疲れは少ないと思います。

キー配置が使いやすい

USキーボードを見てもらうとわかりますが、1つのキーに対して、割り当てられている英数・記号の数は最大で2つです。JISキーボードは、3つや4つといった場合があることを考えると非常にシンプルなことがわかります。これは、覚えやすい、わかりやすい、ということに直結します。

また、日本語入力する際によく使用する「」に関してもとなり同士に配置されていて直感的にわかりやすい、というメリットがあります。

DSC1881

そしてプログラミングやHTMLの入力で使用する記号もわかりやすく配置されています。もちろん、普段使用する:(コロン)と;(セミコロン)が同じキーで直感的ですし、_(アンダーバー)とー(ハイフン)なども同じキーです。

このようにすぐにわかる直感的な感じというのはUSキーボードの特徴であると思います。JISキーボードを見ると、全く異なるところに配置されていたり、@(アットマーク)がなぜか独立していたりして、少し強引に作られていることがわかります。日本語入力にあわせた仕様なので致し方ありませんが、日本語入力しないのであれば、それが逆に使いにくさになってしまいます。

デメリット

もちろん、デメリットは存在します。
ずっとJISキーボードに慣れてしまっていると手が位置を覚えてしまっていますので、移行の際にミスタイプが起こりやすくなります。また、配置が異なるものがあるので、会社などで別のパソコンを使用する際に切り替えが必要になってくるでしょう。

また、USキーボードを選択できるのは、Apple Storeのみという制限から、購入料金が高くなってしまいます。JISキーボードを採用したいわゆる「吊るしモデル」なら、販売店によってはかなりのディスカウント料金で購入できる場合もありますが、Apple Storeだとまず期待できません。

さらにUSキーボードの場合、標準だと日本語と英字の切り替えに2つのキーを押す必要があったり、コマンドキーやファンクションキーの配置の違いもありますので、これをデメリットに挙げる人も多いでしょう。
でも、そういったキーの配置はすぐになれますし、入力の切り替えも補助してくれるアプリも存在します。それらを考慮しても、前述したメリットのほうが多いと考えています。

ぜひ新規購入の際には店頭などでお試しを!

もちろん、すべての人にオススメできるわけではないですが、今回紹介した点がメリットと感じるのであればぜひ試してみてください。Apple Storeの直営店などには、USBポートキーボードのモデルが展示品で置いてあるはずです。違和感は最初は誰でもあるはずですが、すぐに慣れるはずです。

いかがですか?デザインが気に入ってMacを利用し始めた人も多いはず。だったらキーボードにもぜひこだわってみてくださいね。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>