たまには何もかも忘れて書くことに集中!「OmmWriter Dāna Ⅱ」が気持ちよすぎてレビュー

Macアプリの中でもメモとして使用できるものはたくさんありますが、これほどまでに特化したアプリは初めて見ました。以前からあるアプリなのですが、正当進化したとのこと。

今回は、そんな書くことに集中アプリ「OmmWriter Dāna Ⅱ」をレビューします。

OmmWriter Dāna II
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: ¥500
まずはその大きな特徴から

まず、この「OmmWriter Dāna Ⅱ」が他の記載系アプリと圧倒的に異なる点は、「OmmWriter Dāna Ⅱ」が主役であり、「OmmWriter Dāna Ⅱ」以外は存在させない、というところにあります。

そもそも記載系アプリは、他のアプリの補佐的に使用することが多いもの。メモアプリはもちろんのこと、ワープロアプリも他のアプリと連携しながら使用することも多いと思います。でも、この「OmmWriter Dāna Ⅱ」に関してはそういった他のアプリを消し去ってしまいます。他のアプリどころか、メニューバー(当然時刻やバッテリーの表示もなし)やDock(他のアプリが見えない)も消し去り、全画面表示になります。

そう、まさにこの「OmmWriter Dāna Ⅱ」を使用して「書くこと」だけに集中させるのです。
その集中させっぷりは逆にこだわっています。起動すると、心地よいBGMが流れ、軽快なタイピング音がします。壁紙も気分によって変えることができます。それらを選択したら、もう書くことに没頭するだけ。

きっと、のめり込めることでしょう。

各種設定のようなもの

設定画面のようなものは特に存在せず、アプリ表面から基本的には設定します。・・・といってもとてもシンプルなもの。他の記載系アプリにある多機能っぷりは一切ありません。
このあたりは非常に割り切った作りになっています。

全体のイメージ

Omm01

起動すると、全画面表示になることはさきほどお伝えしたとおりですが、大きさの変更はできません(好みのウィンドウサイズにはできない)。全画面か、最小化か、という仕様。点線で囲まれている部分が文字を入力できるスペースで、ここは自由に大きさを変更できます。

スペースを贅沢に使用して、入力部分を小さくしても良いですし、大きくして文字量を稼ぐこともできます。このあたりは使用者の好みと目的に合わせることができます。

設定を変更するための表示(黒いドットで表示されている部分)は、しばらくするとホワイトアウトします。ですので、書いている時には、「書いたもの」しか表示されなくなります。

フォントの設定

上のスクリーンショットは、フォントを設定する部分ですが、フォントの設定と言っても細かく設定ができるわけではありません。この部分では、ゴシック体か、明朝体か、イタリック体かを選択する程度。日本語表記ではイタリックにならないので、非常にシンプル、というか選択の余地がない感じですね。

でも、それでいいのです。
このアプリの本質はそこではないのですから。

 

Omm07
設定の2番目(ドットの上から2番目)は、フォントの大きさの設定となります。
フォントの大きさは4段階。大きさの感じはスクリーンショットを参考にしてください。

でも、ここでちょっと注意点。
フォントの大きさは部分的に変更できません。大きさを変更すると、全体的に適用されます。スクリーンショットは、大きさをわかりやすくするために編集していますので注意してください。

ほら、書き始めるとこんなふうにフォントだけになるでしょ?

壁紙の設定

Omm03

次のドットでは壁紙を8種類から選択することができます。
「OmmWriter Dāna Ⅱ」のハイライトと言える部分でしょう。
壁紙の種類は以下。

Omm0121

思いっきりシンプルなモノから、ちょっと個性的・自己主張が強いものまで、好みと気分によって選択可能です。

BGMの選択

Omm04

壁紙の選択と同様に力を入れている部分。
7種類の環境音と、無音を選択できます。種類はいろいろ。ピアノとストリングスを中心にした少しリズムの入ったものから、雑踏の様なもの、一定のリズムを刻んでくれるもの、風の音などさまざま。ここもこだわりポイントですので、気分で選択してください。

タイピング音の選択

Omm05

「OmmWriter Dāna Ⅱ」では、タイピング音の選択もできます。
よくあるタイピング音はもちろん、チッチッといって軽いもの、そして雨音のような音まで、ここもこだわりポイント。これがあるとないとで気持ちよさが違うのが面白いところです。

セーブ・ロード

Omm06

最後は、テキストをセーブしたり、保存したドキュメントを表示したりする部分。「OmmWriter Dāna Ⅱ」用のドキュメントでも保存できますし、テキスト形式の文書を読み込むことも可能です。

使用してみての感想

まずは、その他の記載系アプリと一線を画すその作りはとてもユニークでとんがっています。
書くことに集中させるために、たくさんの機能をそぎ落とし、そして書くために集中させるものを投入する。そんなこだわりアプリだと思います。

この「OmmWriter Dāna Ⅱ」は、使用時にヘッドフォン・イヤフォンの使用を推奨しています。なるほど、それらをつけてみると、BGMの広がりとタイプ音がよりいっそう心地よくなります。これはスピーカーから音を出しているより全然気持ちいいです。

いかがでしょうか。「OmmWriter Dāna Ⅱ」を使って、たまには自分と向き合ってみては。
日記や、まとめごとや、今の悩みなどを書いてみると、意外な発見があるかもしれません。
気に入ったら、以下のリンクからどうぞ。

 

OmmWriter Dāna II
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: ¥500
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>