ローカルサーバー構築チャレンジ!MAMPを使ってWordPressをローカルに設定する方法

ブログ作成や、HP作成に今や結構なシェアを誇っているWordPress。

たくさんの人が利用していて、情報もたくさんありますが、テストをしたり新しいことを試したりするのに本番環境を使っていませんか?もちろん、それもOKですが、本番環境はなるべく触りたくないもの。別の視点で、環境を構築する方法を紹介していきます。

Wa09re4

ネットワーク上のサーバーではないところでテストしよう

このブログもWordPressで作成していますが、豊富なプラグインや高品位なテンプレートを使用してブログやサイトを簡単に構築できるCMSですね。通常、WordPressはレンタルサーバーなど外部サーバーにインストールすることになります。

自身のPCからは、ブラウザを使ってアクセスするだけなのですが、時によってはいろいろなことを試して見たくなります。例えば、あたらしいプラグインやテンプレートなど、本番環境で触るには、ちょっと怖いというか、危険なチャレンジというものがあると思います。

ネットワーク上のサーバーは、1回1回アクセスしなくてはいけないですし、今ひとつ利便性がよくありません。できれば、データはローカルで作っておいて、一気にアップロードしてしまった方が(アクセスは1回で済んだ方が)効率はいいのですね。

こういったことから、利便性の向上やバックアップの意味を含めてローカル環境(自身のPCの中)にWordPressをインストールすると、いろんなテストができるし、アクセスは早いし、結構良い感じなのです。

ただし、WordPressは直接ローカル環境にインストールできません。そこで、「ローカルサーバー」という環境をまず作らなくてはいけないのです。

ローカルにサーバーを構築する方法として、2つの方法が有名です。Windowsで多く使用される「xampp(ザンプ)」と、Macで使用される「MAMP(マンプ)」がありますが、今回は、Macユーザーのために、MAMPを使用していきます。

まずはローカルサーバーを作ろう

WordPressは、アプリではないため、Macにインストールという概念はありません。あくまでも、サーバーの中で働くプログラム。ですので、まずはMacの中にサーバーを構築(サーバーにいると思わせる)する必要があります。ステップを追って見てみます。

MAMPのインストーラーをダウンロードする

MAMPとは、「Mac、Apache、MySQL、PHP」の頭文字をつなげたもの。インストールするには、まずMAMPの公式ページにアクセスして、インストーラーをダウンロードします。

1

2種類のMAMPがありますが、左側の「FREE」バージョンの「Download」をクリックします。

 

2

ダウンロードページに移動するので、「Download」ボタンをクリックします。インストーラーファイルがダウンロードされるので、保存します(Macなら「ダウンロード」がデフォルト)。

 

MAMPをインストールする

ダウンロードしたインストーラーをクリックして、ファイルを展開しインストールしていきます。

3

「MAMP_MAMP_PRO_3.0.2.pkg」(現時点での最新版)をダブルクリックしてインストーラーを展開しましょう。

 

4

インストールウィザードが表示されるので、「続ける」をクリックします。

 

5

大切な情報を確認して「続ける」をクリックします。『フォルダ「MAMP」と「MAMP PRO」をインストールします。インストールしたMAMPの名前を変更したり、削除したりしないようにしてください』と記載されています。

 

6

使用許諾契約(現時点では英語のみ)が表示されるので、確認して「続ける」をクリックします。

 

7

使用許諾契約に「同意する」をクリックします。

 

8

ここで必ず「カスタマイズ」をクリックします。無料版のMAMPを使用するなら忘れずにクリックしましょう。

 

9

「MAMP PRO」のチェックを外してから「インストール」をクリックします。

 

10

Macの管理者パスワードを入力して「ソフトウェアをインストール」をクリックします。

 

11

インストールが始まるので、しばらく待ちます。

 

12

インストールが完了したら「閉じる」をクリックします。

 

MAMPを確認、起動する

インストールが完了すると、アプリケーションとしてMAMPがインストールされているはずですので確認しておきましょう。

 

13

「Finder」→「アプリケーション」→「MAMP」フォルダの中にある「MAMP.app」をダブルクリックして起動しましょう。(LaunchPadにも登録されているので、どちらを使用してもOK)。

 

14

MAMPが起動するので、「サーバーを起動」をクリックします。

 

15

サーバーを起動させると、ブラウザが起動します。「ようこそ」が表示されたらOK。場合によっては接続許可の確認がでるので、「許可」をクリックしておきましょう。ブラウザのページはあとで使用するのでそのままで大丈夫です。

 

16

通常は、MAMPの設定を変更する必要はありません。デフォルトのまま使用すれば問題ないはずです。正常に動作している場合には、右上の「Apacheサーバー」と「MySQL」サーバーが緑色に点灯しています。

また、サーバーを停止したい場合には、起動しているMAMPで「サーバーを停止」をクリックすればOKです。

 

MAMPの初期設定をする

インストールが完了したら、データベースを作成するためMAMPの初期設定をしていきましょう。

 

17

先ほど起動しているブラウザ(もし閉じてしまっている場合は、MAMPから「スタートページを開く」をクリック)の上部にある「ツール」のプルダウンメニューから、「phpMyAdmin」をクリックします。

 

18

ページがphpMyAdminの設定ページに切り替わるので、タブにある「データベース」をクリックします。データベースを作成する項目になりますので、入力部分に「WordPress」と入力し(もちろん、わかりやすい任意の名前でOK)、「作成」ボタンをクリックします。

 

19

「データベースWordPressを作成しました」と表示され、WordPressの項目が追加されれば完了です。

いよいよWordPressの設定へ

ローカルにサーバーが動き始めたら、いよいよWordPressを動作させるための作業に移っていきます。

WordPressをダウンロードする

20

 


WordPressの日本語公式サイト
にアクセスし、WordPressのZipファイルをダウンロードします。

 

21

ダウンロードしたZipファイルを解凍し、「wordpress」フォルダが作成されたことを確認しておきましょう。

 

22

MAMPで使用するために、フォルダを移動します。Finderから、「アプリケーション」→「MAMP」→「htdocs」と開き、ここに先ほど解凍した「wordpress」フォルダを移動(コピペでも可)します。

 

WordPressをインストールする

フォルダを移動したらブラウザを別途起動し、ローカルホスト環境(http://localhost:8888/)に移動します。

 

23

index of と表示されているので、「wordpress」とクリックします。先ほどフォルダをきちんと移動できていれば、ここに表示されるはずです。

 

24

初期設定では、「wp-config.php ファイルが見つかりません。開始する前にこのファイルが必要です。」と表示されますが、そのまま「設定ファイルを作成する」をクリックします。

 

25

内容を確認し、「さあ、始めましょう」をクリックします。

 

26

データベースの情報を入力して「送信」ボタンをクリックします。

  • データベース名:WordPress(先ほど作成したデータベース名そのまま)
  • ユーザー名:root(デフォルトではrootになっている)
  • パスワード:root(デフォルトではrootになっている)
  • データベースのホスト名:localhost(変更しない)
  • テーブルの接頭辞:wp_(変更しない)

 

27

入力した情報が正しければ、ページが切り替わりますので、「インストール実行」をクリックします。

 

28

サイト構築に必要な情報をさらに入力し、「WordPressをインストール」をクリックします。

スクリーンショットで入力している情報はあくまで一例のため、任意で変更してください。

  • サイトのタイトル:任意(後でダッシュボードから変更も可能)
  • ユーザー名:任意(WordPressにログインするためのユーザー名)
  • パスワード:任意(ログイン用のパスワード)
  • メールアドレス:使用しているメールアドレス(GmailなどでOK)

 

29

インストールが完了すると、ちょっとおちゃめなメッセージが表示されました。早速ログインをクリックしましょう。

 

30

設定した「ユーザー名」と「パスワード」を入力して「ログイン」をクリックします。

 

31

ダッシュボードと書かれた管理画面が表示されれば成功です!パスワードは忘れないように管理しましょう。次回からはhttp://localhost:8888/wordpress/wp-admin/からユーザー名とパスワードを入力すればログインできるようになります。

後は任意でWordPressをテストしたり、プラグインを試したりしてみましょう。

両方をインストール、設定してのまとめ

MAMPのインストールからWordPressのログインまで、それほど難しい設定はないはずです。紹介した手順にそって、誰でもローカル環境にWordPressをインストールすることができると思います。

使ってみての印象ですが、さすがにローカル(パソコン内)にあるので、動作はきびきびとしていて使いやすいです。もちろん、操作方法は本番環境と変わりませんし、いろいろなテーマやプラグインだって試し放題です。

大体は、このローカル環境で設定や動作を確認してから、本番にコピーする、といった使い方が良いと思います。きっと、利便性の良さに感激すると思いますよ。

ぜひ、利便性の高いローカル環境を生かして存分にポテンシャルを発揮してくださいね!
また、サイトのURLをもっとスリムにすると本番環境が賑わいます。


Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>