これから購入を検討している人に贈る Macの「超オススメ」4つのポイント

iPhoneやiPadを使用している人はもちろん、いまさら説明をすることもないと思いますが、Apple社のパソコンと言えばMacですよね。

いろんなところでMacを目にすることが増えてきたような気がします。Macがだんだんと浸透してきた背景には、きっとiPhoneやiPadの売り上げの好調さが牽引しているのだと思います。だって、iPhoneやiPadを使って気に入ったら、パソコンもMacにしたいなって思いますもんね。

 

そのMacのいい点を、今さらながらボクの考えも多分に含みながら紹介してみたいと思います。ちょっとお付き合いくださいね。

デザインの安心感

Appleの商品はデザインが素晴らしい、というのはよく知られたことだと思います。
アンチAppleの人だって、きっとAppleのデザインに嫉妬したことは1回くらいはあるはずです。事実、ボクも以前Macを使い始めるまで、Windowsにこのデザインがあったらどんなに良かったことか、と思ったものです。そのくらい、Appleの商品には惹きつけられる魅力がありますよね。

 

iPhoneやiPadにも使用されているアルミを使用したデザインは、もはやAppleのデザインの代名詞となっています。特に、Macで使用されているアルミから削り出したユニボディ(つなぎ目のない筐体、フレームの意味)は、その美しさもさることながら強度面でも非常に貢献していると言えます。

ノートパソコンを持って移動する時など、よくボディ自体がたわんでしまったり、パームレスト部分がへこんでしまったり、ふたの部分(液晶部分)が曲がってしまったり、という経験があると思いますが、Macではそういったことは皆無です。

あの薄さを極めているMacBook Airでさえ剛性感があるのに、さらにMacBook Proの安心感といったらその上を行きます。これはMacならではの感覚だと思っています。そのおかげで、ノートパソコンにありがちなキーボードの打鍵時の不安感もありません。これは、デザインが単なる見た目だけではなく、使い勝手にも影響している非常に良い点だと思います。

最新OSのアップグレードが無料の安心感

2013年の10月に発表されたMacの最新のOSは、なんと無料で提供されています。Macを購入したら、最新のOSがずっと無料で使用できる、ということを表します。これは非常に使用している側にとってはありがたいことと言えます。

 

先日、Appleの「WWDC 2014」にて、新OSとなる「OS X 10.10 Yosemite」が発表になりましたが、この新OSも当然無償でのアップグレードになると思われます。約1年に1回のメジャーアップデートに対して必ず対応できる、最新のOSを使用できる、というのは大きなメリットではないかと思います。

比較として、例えば、Windowsのことを考えてほしいと思います。
2年程度で新しく提供される新しいOSは、当然有償です。新しい機能が使いたかったり、セキュリティの強化をしたいと考えても、対価を払わなくてはいけません。2年程度でパソコンを買い換える人ならともかく、5年程度パソコンを使い続けよう(たぶんこれが一般的だと思う)と思っていれば、確実にOSの世代は古くなります。

当然、その分機能の低下やセキュリティのリスクは高まることになります。アップグレードしたくても、意外にその料金は高かったりするので、躊躇したり見送ったりしたりする人は多いと思います。でも、それらはMacにはありません。一度パソコンを購入してしまえば、OSはずっと最新のものをしようできるという安心感も一緒についてくることになります。

ハードウェアとソフトウェアを一緒に開発しているAppleだからこそできる芸当であり、それも含めてのトータルな価値観を提供してくれているのだと思います。これは、Macを購入して非常に良いな、と思った点でもあります。

iPhone・iPad等Apple製品との連携の安心感

今や日本でのiPhoneのシェアは圧倒的です。
スマートフォン市場で実に7割にも至ろうという勢いです。家のパソコンはWindowsだけど、携帯電話はiPhone、という人も多いのではないでしょうか。そんなiPhoneを使用している人にとって、やはりパソコンもMacにすることによって幸せになれる可能性が非常に高いと思います。

なんと言ってもその連携の気持ちよさはすごい部分です。iCloudを使用した書類の連携、写真の共有、地図のシームレスな動作など、今までWindowsで手間をかけてきたことがあっけないほどに簡単にできるようになります。

 

なにも意識することなく、MacでメモをとればiPhoneにもすぐに反映されていますし、iPhoneで写真を撮れば何もしなくてもMacの大きな画面で閲覧することができたりします。これが思った以上に快適で、いったん慣れてしまうともう他は使えません。

もちろん、MacとiPhoneの操作方法にも共通点が数多くあるので、iPhoneに慣れていればMacの操作も感覚的にわかったりすると思います。これは、UIといった面でもキチンとデザインされていることの結果だと思います。

リセールバリューの安心感

これはちょっと先の話になってきてしまうかもしれないけれど、Macを買い換えたり処分する時が必ず来ると思います。そんな時に、Macは非常に高い評価を付けてくれます。実際、ボクも経験がありますが、2年以上前の13インチのMacBook Airをヤフオク!で6万円で落札してもらったことがあります。

さらには、1ヶ月しか使用していないという条件ではありますが、MacBook Airの11inchモデルを購入した時と同額で落札していただいたこともあります。

2年以上の前のパソコンを、これだけ高価で引き取ってくれるなんて、Windowsではちょっと考えられないと思います。また、量販店の下取り査定や中古買取業者の査定も、比較的高めです。もちろん、人気があるからゆえに値崩れがしにくいということもありますが、製品の確かさ、モデルチェンジが比較的少なく古さを感じないデザインの統一性などがあげられるのではないかと思います。

意外と知られていない部分だと思いますが、Macを手放す際の評価を知っておくのも良いことだと思います。こんな点も、Macをオススメする点になってくると思っています。

 


Macに関して、最初はおそらく敷居が高く感じてしまったり、Windowsからの移行に躊躇してしまったり、ということがあると思います。でも、使っている人が使いやすいように、ハードもソフトも考えられているのも事実です。

すぐに使った感じは慣れると思いますし、直感的に触ることができるのも良いところ。
さあ、ぜひMacの世界に飛び込んでみてください!

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>