iPhone 6のカメラ機能はさらに大幅パワーアップ、コンデジ不要となるか?

iPhone 6のカメラはさらに進歩する……

コンパクトデジタルカメラの代替として、ボクもいつもiPhoneのカメラを利用していますが、iPhone 6ではさらに出番が増えるかもしれません。

 

 

ESM中国アナリスト上で共有される新しい詳細によれば、AppleはiPhone 6で手ぶれ補正や電子補正など、新しいイメージ安定化の方法を提供してくるかもしれない、とのことです。

iPhone 6では、センサーの大きさもさらに大型化され、画素数も増えるだろう、ということがおおかた予測されていますが、さらに手ぶれ補正でも新しい機能を追加してくるというものです。
手ぶれ補正では、一番レフカメラのように、光学式がもちろん良いのですが、それには大型化してしまい、iPhoneのようなスリムなガジェットに取り込むには非常に困難です。

Appleは、光学手ぶれ補正に匹敵するような電子イメージ安定化のシステムを取り入れてくるのではないか、と予想しています。また、以前、iPhone 6が圧力、温度と湿気センサーを加える、などの情報もありますので、かなり注目されますね。

Appleは、おそらく2014年の秋頃にiPhone 6を4.7インチと5.5インチの2つの異なるサイズにて発表すると予測されています。より大きな5.5インチのバージョンは、多少遅れて発表や出荷されるのでは、と言われていますが、この点も楽しみな部分です。

より大きなディスプレイ、および改善されたカメラに加えて、iPhone 6の両方のモデルは、より早くなったA8プロセッサー、Touch ID指紋認証、ベゼルのほとんど無い外見など興味深いものばかりです。

100ドルほど値上げする、とも言われていますが、これだけたくさんのモノを詰め込んでよい便利に利用できるのであれば、それは致し方ないかもしれませんね。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>