iPhone6の詳細なレンダリング画像が!エッジは丸く、大画面、さらに…?

エッジは丸く、大画面に……

数多くあるiPhone6の噂ですが、今回のものはAppleの主要サプライヤーであるFoxconn から供給予定のものとして、中国のサイト 「Wei Feng」で掲載されています。

他にもいくつかiPhone6の形状に関して言われているものがありますが、最近多いものはエッジの丸くなったモデルです。大画面に関してはだいたい4.7inchと5.5inchという線が決まりっぽいのですが、エッジの丸さに関してはこのところ多くなってきました。

今回のレポートにあるCGレンダリング画像もエッジは丸く、iPhone4から続くエッジの尖ったデザインとは一線を画す部分になっています。また、長方形になったボリュームボタンと、右側面に移動された電源ボタンなど、デザインの変更点は多岐にわたります。

また、背面のアップルロゴもくりぬかれているように見られ、現在の感じとはここも印象が異なります。

背面で印象深いのは、3つのパーツに分かれているように見えること。
iPhone5がガラスとアルミニウムでこのような分割のデザインを取り入れていますが、携帯電話としての役割を果たすためのアンテナの処理でこのような形状になっているのかもしれません。ただし、アンテナの設計自体まで変更するかどうかまではこのデザインからはわかりませんね。

Appleは、近年だと9月頃に新しいiPhoneを発表しています。
4.7inchバージョンを先に発表し、少し遅れてより大きな5.5inchバージョンを投入するとも言われています。今回のCGレンダリングイメージでより薄く、幅広く、大画面になるiPhoneが見えてきました。

新しいカメラ機能や新しいプロセッサーを積んだiPhone6を早く体験したいものです。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>