実践レビューしてわかった!純正iPhoneケースを6ヶ月使ってみた結果。

iPhone5sの発売から半年以上が過ぎました。
ということは、iPhone5sの発売と同時に発売された純正の革製ケースも半年経ったわけで、気になるその変化をお伝えしたいと思います。

結構予想外の結果にびっくり……

まずは全体の外見から

DSC1882

シルバーのiPhone5sにあわせて購入したのは、ブルーの革製純正ケース。Apple Storeの直営店で購入したのですが、最初はそのなんともAppleらしい色と、革製というプレミア感にやられて即買いしたのです。このケースのパッケージには、「アニリン染めのイタリア製ナチュラルレザーでできたケースです。使用するにつれ風合いが変わります」となんともよさそうな文言。

ほう、これは革を育てる意味でも楽しみだ、と思ったのですが、半年経ち、

 

DSC1884

うーむこんな感じになってしまった……

そんなにぞんざいな扱いはしていないし、あまり落としてもいないし、汚い手で(たぶん)触ってもいないのですがねぇ。
これを風合いというのかどうかはちょっと微妙なところ。
風合いの変化と言うよりは単に汚れてしまった、といったほうが早いかもしれません。
昔販売させていたiPad2の頃のスマートカバーの革バージョンなどは、イイ感じに経年変化していたような気がするんだけど、たぶん革の材質などが違うのでしょう、ちょっと残念ではあります。

 

DSC1885

目立つのがやっぱり角の色落ち?色変化、ですねえ。
手の触れている部分も完全にこれは汚れですね……
まあ、革の色も薄い水色系なので、汚れが目立ちやすいとは思いますが。

 

DSC1888

よく見ると、ちょっと革が剥がれてしまったり、割けたようになってしまっているところも。
これは完全に消耗品扱いな感じですね。

半年経ってみての感想

革特有の経年変化を期待していましたが、残念ながら感じることができませんでした。
まあ、色が結構関係しているのかもしれません。ちなみに、一緒に購入した(PRODUCT) RED™はどうかというと、
DSC1891

確かに汚れは目立たないかもしれません。
黒だったらもっと目立たないでしょうが、シルバーに黒いケースはあんまりつけたくないなあ……

ということで、半年経ってちょっと微妙な感じになってしまった純正のiPhoneケース。
また新たに購入しよっかなと思います、、、でも3800円はちょっと高い。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>