機械式カメラの最高峰「Nikon F2」でずっとフィルム写真を撮り続けるよ! 

もう久しくフィルムカメラには触っていない、という年配のカメラファンも多いと思います。

押し入れの中に眠っているフィルムカメラがあるようならぜひともまたお手入れして使ってほしいな、という願いを込めて、今回は、ボクがフィルム写真を撮る時に使用しているNikon F2をちょっとご紹介します。

Nikon F2というカメラ

今はデジタル全盛ですし、すごくきれいな写真を撮れるものもたくさんあります。
今あえてフィルムカメラを選択する理由は、フィルムでしか表現できない写真を撮りたいか、それともノスタルジックか、それともフィルムのもつフィーリングを味わいたいからか、、、
まあ、いずれにせよ、趣味性が高いものになってしまったのは事実ですが、ボクはもう一つ、カメラの操作感を付け加えたいと思います。

DSC1905

 

メカ好きの男子ならちょっと憧れてしまうそんな魅力をフィルムカメラは持っていると思います。
特に、ボクのNikon F2には、露出計もついていなければ、電池もついていないし、もちろんオートフォーカスなんてものもついていません。すべて完全マニュアル。

写真を撮るためには、露出計で光の量を計り、シャッタースピードと絞りを決め、被写体に向かってピントを合わせ、そしてシャッターを切る、というステップが必要になります。一枚一枚がデジタルに比べて非常に「重い」のです。フィルムの枚数も24枚か36枚というものが一般的ですので、お金に余裕がないとパカパカとれない、という現状もあります。

でも、その操作感は快感のヒトコトです。
すべてマニュアルで決めて、ダイレクトなシャッターを押した時の反応、音。
ああ、写真を撮ったんだ、という実感が湧いてきます。これは、コンパクトデジカメやiPhoneのカメラでは到底まねのできない感触です。

シャッター部分

DSC1899

ボクは、シャッター部分にオプション品である「AR-1」を取り付けています。
理由は、押し心地。
以前は、F2に露出計内蔵のフォトミックファインダーを使用していて、シャッタースピードの調節部分とシャッターボタンが離れることを嫌ってAR-1を付けていましたが、そのフィーリングがとても気に入って、アイレベルファインダーにしてからもAR-1は残しています。

このAR-1も最近は本当に見かけることが少なくなってしまいました。以前は中古カメラ店やオークションによく出ていましたが……。

F2を後ろから

DSC1900

アイピースをなくしちゃって久しいのですが、そのまま気にせず使用しています(汗)
アイレベルファインダーも経年劣化が相応に起きていて、プリズムにちょっと腐食があったりホコリが入り込んでしまっていますが、写りには影響しないのでここも致し方ないと思っています。

なにせ、発売は昭和46年。
もう40年以上も経っているカメラですから。
それよりも、40年経ってもこのように現役で使用できている点にすごみを感じるのはボクだけでは無いと思います。すべて機械式のカメラの強みか、それとも製造の緻密さが影響しているのか、とにかくすごいと思います。今、これだけの年数を使用できる「モノ」ってそんなにないと思います。

フィルム巻き戻しクランク部

DSC1901

今のデジタルカメラしか触ったことのない人には無縁のパーツ。それが、先の写真にあった「フィルム巻き上げレバー」とこの「巻き上げクランク」だと思います。一枚シャッターを切って写真を撮ったら、フィルムを自分で送って次のフィルムを装填し、フィルムを全部撮り終わったら自分で巻き戻す。

なんてステキな操作でしょう!
フィルムを巻き上げながら撮った一枚に思いを馳せ、巻き戻しながら今回の写真のできや思い出に浸る。撮った写真を確認できないフィルムだからこその瞬間なんだと思います。

F2のウラ面

DSC1902

誇らしげな「MADE IN JAPAN」の文字。
そして電池を入れる部分とフィルム装填部のふたを開ける部分などがウラ面には装備されています。F2にとっての電池は、露出計を動かすためのモノ。カメラ本体は、電池の力を必要としていません。シャッタースピードの調整もミラーの上げ下げも、すべて機械式。どれだけ精巧に作られているかがわかります。

中身

DSC1904

フィルムを充填する部分です。カメラの裏蓋が開くことに新鮮味を感じるのはデジタルしか使ったことがない世代と、長らくフィルムから遠ざかっている人たちですね(笑)

Nikon F2 これから

フィルムがある限り、ボクはこのNikon F2で写真を撮り続けるだろうし、またそうしたいと思っています。未だにメンテナンスをしてくださる業者さんもいらっしゃいますし、パーツもまだ大丈夫そう。おかげさまでボクのF2もまったくノントラブルで過ごしています。

モルトも劣化していませんし、シャッタースピードもそんなに狂ってはいません。
レンズだって、今のデジタル一眼レフと共用で使用できるし、楽しいものです。

さあ、フィルムをそろそろ使いたくなってきた感じではないですか?
もし、あたらしくフィルムカメラを購入する場合も今は比較的安価に手に入れることができます。
フィルムカメラ一つ持っての旅行なんて、素晴らしいと思いますよ。

Pocket
LINEで送る

3 Responses

  1. 3383jiji より:

    久しぶりにお邪魔します。
    最近、フィルム写真を始めました。
    確か、フィルム関係をUPされてましたので
    参考になりました。
    意欲が湧いてきました。
    ありがとうございました。

  2. 伊太郎旅唄 より:

    今日は、初めまして、病気をする前に報道で大相撲の写真を撮ってました。私は大のキヤノン
    派でニコン党では有りません。仕事では機材は、ニコンでしたが、報道を止めた時に払い下げのF2ASを所有してます。ニコンのイメージは武骨で超巌錠なカメラですね。今は、デジタルの時代銀塩カメラは使いません。防湿庫のコレクションになってます。FDレンズは、22本、ニッコールレンズは、17本持ってます。

  3. るびー2020 より:

    初めまして。埼玉住みです。
    F2のアイピースは、FM3A 用がそのまま使えます。
    昨日、新宿ヨドバシで購入してきました。数百円でした。
    ついでに老眼用に今から、接眼補助レンズも仕入れてきました。700円。
    「こういうのは、有るときに買っておかないと…」と店員さんに言ったら、
    「そんな簡単には無くなりませんよ」と笑顔で返してくれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>