まるでシムシティ!iPhoneに対応したdocomoの3D地図が楽しすぎる!

iPhoneやiPadに代表されるデジタルガジェットの中でも、重宝するアプリの中に地図があります。

使い道はいろいろです。
ナビゲーションの代わりにしたり、場所を調べたり、知らない土地の情報を入手したり、旅行記分を味わえたりと、いろんな楽しみ方があるものです。

その地図アプリの中でも、今までとは全く異なったアプローチをしていてとても楽しいものを見つけました。今日は、そんな秀逸地図アプリを紹介します。

街がシムシティと化した3D地図

docomoの3D地図のiPhone版が楽しいのです。
では、さっそくダウンロードして起動してみましょう。

3D地図-立体地図・ルート検索・天気・Twitter-
カテゴリ: ナビゲーション
現在の価格: 無料

 

 

IMG 2485

このアプリは、ドコモ地図ナビの機能の一部、という考え方のようです。
さらに、現時点ではdocomo回線を持っている方しか使用できない、といった制限があります。

 

IMG 2486

起動してみると、こんな感じになっています。
街並みが、イイ感じにデフォルメされた3Dアニメのように表現されています。

 

IMG 2464

東京タワー。

 

IMG 2465

新宿の高層ビル街。

 

IMG 2466

スカイツリー。

 

IMG 2467

国技館と大江戸博物館。

 

IMG 2470

札幌の時計台。

 

IMG 2469

安芸の宮島。

 

IMG 2471

三保の松原。

 

ほらね、こうやって各地の名所を見て回っているだけで相当楽しい。
そして、イイ感じのシムシティ感をわかってもらえるでしょうか?

街並みでは、ちっちゃな車がぶんぶん走っているし、三保の松原では飛行船も飛んでいます。さらに設定で街の音を出すこともできます。地図をズームしたりすると、きちんと音が大きくなったりして結構芸が細かいのです。

その他にも楽しめる要素が盛りだくさん

この地図ですが、機能はまだまだたくさんあります。
便利なのが、天気予報と連動していること。

 

IMG 2476

少し地図を引き気味にしてみると、そこに天気予報が表れます。アイコンをタップすると、各地の天気用法が参照できます。

 

IMG 2475

また3D地図自体も今現在の天気とリンクしており、雨の地方なら雨が降っていますし、曇っていれば曇りが、霧ならばかすんだ感じが、そして冬になれば雪だって降ります。

 

IMG 2478

アプリ下部、真ん中にあるアイコンをタップすると、地図上の変化を楽しむことができたり、周辺のツイートを確認できたりします。

 

IMG 2477

強制的に夜モードにして夜景を楽しんだり、

 

IMG 2479

雪を降らせてロマンティックなムードを楽しんだり、

 

IMG 2480

周辺のツイートをみて、情報を仕入れることも可能です。

飽きない楽しさ、これは地図アプリの新しい方向

こんな感じで、見ているだけ、操作しているだけであっという間に時間が過ぎてしまいます。
シムシティな街並みも可愛らしく感じてきますよ。

 

IMG 2482

IMG 2483

その他にも、基本的な地図の機能はキチンと持ち合わせています。

 

IMG 2488
検索機能も充実しており、周辺のスポットも探し出してくれます。

 

IMG 2489

IMG 2490

ただしルート検索だけは、別途有料アプリ(月300円)の登録が必要です。

 

IMG 2487

シンプルな設定画面とその他。

 

見てきていただいたように、相当楽しいです。
地図好きの人にはまた違った楽しさがあると思います。

今までの地図は、結構リアル感や正確さを追い求めていた感じがありますが、このアプリは情報や道は正確ですが、建物は思いっきりデフォルメされていて必ずしも正確というわけではありません。

ですが、その脱力感が何とも言えないイイ感じなのです。

 

IMG 2481

IMG 2474

docomoのiPhoneを使っている方(Androidも対応済)はぜひダウンロードしてみてください。

 

その楽しさ必見ですよ!

 

3D地図-立体地図・ルート検索・天気・Twitter-
カテゴリ: ナビゲーション
現在の価格: 無料
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>