[Marsedit] 導入時に絶対やるべき5つのカスタマイズ設定 これで効率アップ間違いなし!

WordPressを利用していると、どうしても使いたくなってくるブログエディターとして、「Marsedit」が挙げられます。

MarsEdit – the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more.
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
現在の価格: ¥4,000

 

もちろん初期状態でも十分に使いやすいですが、カスタマイズすることによってもっともっとブログ作成が効率化されます。きっと、WordPressの管理画面からアップするより3倍くらいの効率アップになるでしょうか?

今回は、Marseditを初期導入した際に絶対にしておくべき5つのポイントを紹介します。

Marseditを使用するメリットを改めて

なぜMarseditを利用するのか。
それは、早くブログを書きたいから。
これにつきると思います。

WordPressの管理画面でももちろん更新は可能です。でも、1回1回サーバーにアクセスが必要だったり、リアルタイムで結果が見えなかったり、画像の挿入に苦労したり……と結構面倒。Marseditならそれを一気に解消できるので重宝がられているわけです。

1 ブログの見た目そのままでリアルタイムプレビューする

まずは基本編。
Marseditの最大の特徴は、リアルタイムでのプレビュー機能にあります。サーバーにアクセスしなくても自分のブログがどうなっているのか確認できるので、これだけでもMarseditを導入するメリットになります。
ただし、デフォルトでは見た目とはほど遠いプレビューになってしまっています。


[Marsedit] ブログの見た目そのままでリアルタイムプレビューする方法 | Senbonsakura.com
ブログの見た目そのままでリアルタイムプレビューする …

こちらの記事で詳しく紹介しているので参考にしてください。

2 リアルタイムプレビューで改行を反映させる

せっかくリアルタイムプレビューでブログデザインそのままにしたのに、改行が反映されていない時があります。その時には、ぜひココを確認しましょう。

37

メニューバーの「Blog」→「Edit Settings」を開き、「Preview Text Flilter」を「Textile」に変更します。プレビュー画面の一番下にも同様に「Preview Text Flilter」がありますので、「Textile」に変更すれば、改行が反映されるはずです。

3 ドラッグ&ドロップでリンク付きの画像を挿入する

Marseditは、画像を挿入する際にはドラッグ&ドロップでOK!
WordPressの管理画面とは比較にならない簡単さです。でも、実はリンクが貼られていない画像になってしまうのです。通常、写真などをクリックしたら拡大表示させたいですよね?
ところが、Marseditのデフォルト設定ではなぜかできません。


[Marsedit] ドラッグ&ドロップでリンク付きの画像を挿入する方法  | Senbonsakura.com

解消法とサンプルをこちらの記事で説明していますので参考にしてください。

4 「All in One SEO」の記述を直接入力できるようにする

ブログをしっかりやろうと思ったら、やはりSEO対策は欠かせません。
WordPressのプラグインである「All in One SEO」用の記述をMarseditからできるようにカスタマイズします。別途FTPアプリなど必要になりちょっと難易度は上がりますが、それほど難しくはありません。


[Marsedit] 「All in One SEO」の記述を直接入力できるようにする方法 | Senbonsakura.com

こちらの記事を参考に、ゆっくり設定してみてください。

5 Marseditから「Slug」を指定する

WordPressを使用して、記事のパーマリンクを設定している方は多いと思います。
パーマリンクの設定で、「投稿名」を選択している場合には、タイトルを英字に変更しないと文字化けを起こしてしまう可能性があるので、管理画面から「スラッグ」という部分を編集しなくてはいけません。

35

でも、WordPressの管理画面からだと効率が悪くなります。
ですので、Marseditから直接設定できるようにしてしまいましょう。

 

36

操作は簡単!「New Post」をクリックしたら、メニューバーの「View」から「Slug Field」にチェックを入れるだけ!すると、エディター画面から直接「投稿名」=スラッグを指定できるようになります。

番外編 Marseditで文字数をカウントできるようにする

ブログを書く時に、文字数を意識していらっしゃる方はたくさんいると思います。
WordPressの管理画面やテキストエディタ・Wordなどを使用しても文字数はわかりますが、ちょっと面倒ですよね。そういった際には、Marseditから確認できるのです。

33

メニューバーのスクリプトマーク→「Show Text Statistics」をクリックすると、

34

このように表示されます。

  • Number of paragraphs→段落の数
  • Number of words→単語の数
  • Number of characters→文字数
  • Avg.words per paragraph→段落ごとの平均単語数

参考までにどうぞ。

これでずいぶん使いやすくなったのではないでしょうか。
まだまだ使いやすい設定があったら紹介して行きますね。

 

MarsEdit – the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more.
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
現在の価格: ¥4,000
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>