[Mac] Safariを使用してページのソースコードを確認する方法 ScriptやCSSも!

ちょっとブログの作成などに慣れてくると、HTMLのソースをいじったり確認したりすることが発生してきます。

ChromeやIEを使用していると、Webページを右クリックして「ソースを表示」という選択肢があるのですが、Safariにはそれがありません。メニューバーの中にもそれらしい表示がありません。

今回は、Safariでソースコードを確認する方法を紹介します。

ちょっとした手順を踏む必要がある

まず、Safariの環境設定を表示します。

1

 

2

環境設定の画面が表示されたら、「詳細」の項目を表示し、一番下の「メニューバーに”開発”メニューを表示」にチェックを入れます。チェックしたら、環境設定は閉じます。

 

3

すると、メニューバーに「開発」が表示されます。

 

4

 

「開発」の中を確認すると、ソースを表示する項目がみてとれます。

 

5

クリックするとこのように表示されました。
便利なのは、左のサイドバーからスクリプトやスタイルシート(CSS)も確認できること。
参考や勉強するには結構いいかもしれません。

 

Safariにはキチンとこういった開発環境が整えられていたのですね。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>