[Marsedit] 初めての記事作成にチャレンジ!カンタンで笑っちゃうレベル!

前回、Marseditの初期導入を紹介しましたが、今回は実際にMarseditを使用してブログ作成をする方法を紹介します。

WordPressの管理画面から投稿するより何倍も効率化が図れるわけがわかると思います。
ではさっそく見てみましょう。

 

MarsEdit – the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more.
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
現在の価格: ¥4,000
Marseditを起動する

まずはMarseditのメイン画面を見てみることにします。

10

もうすでに記事がある状態ですが、こんな画面が起動してきます。
もちろんいろいろとカスタマイズできますが、まずはデフォルトの状態で進めてみます。

上部に、「New Post」(新しく記事を作成する)、「Delete Post」(記事を削除)、「Edit Posr」(投稿済みの記事を修正)、「Refresh」(記事内容を更新)、「View on Web」(ブラウザで確認)、「Blogs」(左のサイドバーの表示・非表示)、「Media」(メディア挿入画面を開く)のアイコンが表示されています。これらの表示・非表示もカスタマイズ可能です。

 

では、まず試しに記事を作ってみましょう。
上部の「New Post」アイコンをクリックします。

11

こんな新規作成画面が表示されるはずです。
おそらく、キャプチャといくつか相違点があるかと思います(Slug、SEO Titleなど)が、これはカスタマイズしています。別の機会に追って説明しますので、今は飛ばして確認してください。

実際にここに文章を書けば良いのですが、Marseditは記事の書き方を「リッチテキスト」形式か「HTML」形式かを選択することが可能です。HTMLに慣れていない人はリッチテキスト、ある程度HTMLのタグが理解できる場合にはHTML形式での記載が便利だと思います。

変更は、メニューバーの「Marsedit」→「Performance」を開き、「Editor」タブを表示します。

12

ここの「Default editing mode」で選択してください。
また、新規作成画面(エディター画面)の文字の大きさやフォントを選択することも可能。もし文字が小さくて見にくいような場合はここから変更します。

さて、実際に記事を書く際に、仕上がりがどうなっているのか、というのは最大の気になるポイントだと思います。WordPressでは、いちいち「変更をプレビュー」しなくてはなりませんが、この作業はサーバーにアクセスするためちょっとレスポンスが悪いですね。

Marseditでは、なんとリアルタイムにそのプレビューを確認することが可能です。
まさにMarseditを導入する目的の多くを占めるのがこの「リアルタイムプレビュー」です。
では、エディター画面の上部の「Preview」をクリックしてみます。

 

13

すると、今のプレビューが表示されます。
画面の大きさは任意で変更してくださいね。
初期の設定だと、本当の意味でのブログのスタイルが反映されていないと思います。ブログの見た目そのままでのプレビューを表示する方法は、以下で紹介するので参考にしてみてください。

[Marsedit] ブログの見た目そのままでリアルタイムプレビューする方法 | Senbonsakura.com

 

こんな感じで記事を書いていきます。
また、画像の挿入も非常に簡単。
コマンドキー+2を押すと、Media Manager画面が起動します。

14

ここから挿入したい画像を選択して、エディター画面にドラッグ&ドロップするだけ。
WordPressの設定画面から画像を挿入する方法に比べて雲泥の差があります。効率化できるということはこういったことを言うのです。

挿入できる画像は、Macのピクチャにあるものはもちろん、iPhotoの画像、さらにはFlickrにアップされている画像やすでにWordPressに投稿されている画像も選択可能です。これはすごく便利ですね。

任意の場所にドラッグ&ドロップすると、こんな画面が表示されます。

15

画像を確認して、「Upload with Post」をクリックすると、エディタ画面内に挿入されます。
ただし、この状態では画像の幅は自由に選択できないですし、画像にリンク自体も貼られていません。
これらを可能にする設定はこちらに紹介しますので参考にしてください。

[Marsedit] ドラッグ&ドロップでリンク付きの画像を挿入する方法  | Senbonsakura.com

 

さて、記事を書き終えたらサーバーにアップします。
ここまでの作業は、すべてMacのローカル内で行っていてサーバーにアクセスしていません。なので、レスポンスが早いのですね。

エディター画面で、記事のタイトルやタグやカテゴリを選択したら、上部の「Send to Blog」をクリックするだけ。しばらく待つと、投稿されます。もちろん、Marseditで記載したあとに、WordPressの管理画面から修正も可能。ですが、WordPressの管理画面で修正したら必ずMarsedit側でリフレッシュしないと、記事に乖離が発生してしまいますので、注意してください。

Marseditでの記事作成に慣れてくると、WordPressの管理画面で投稿していた時と比べておそらく2倍以上の時間が節約できると思います。管理や記事の修正もラクになるので、これを使用しない理由はないと思いますよ!

次回は、プレビュー画面でブログの内容そのままで確認する方法を紹介します。

 

MarsEdit – the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more.
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
現在の価格: ¥4,000
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>