LINE電話がいよいよiPhoneに対応!セキュリティー万全で最強化へ!

先日発表がありましたが、国内の「固定電話」に最安だと1分2円(!)で電話をかけることができる「LINE電話」がいよいよiPhone対応となりました。

 

公開されているバージョン4.3のLINEアプリにアップデートすると、機能の一部にLINE電話が表れ、実際に使用できるようになりましたので、さっそく使ってみました。

今のiPhoneの電話番号がそのまま使用できる!

LINEからは、以下のプレスリリースが発表になっていました。

 

LINE株式会社は、本日、同社が運営する無料通話・無料メールスマートフォンアプリ『LINE(ライン)』iPhone版の バージョンアップを行い、国内外の固定・携帯電話番号へ低料金で通話ができる『LINE電話』に対応開始いたしましたのでお知らせいたします。

『LINE 電話』は、『LINE』を利用しているユーザーであれば、初期設定不要、クリアで途切れにくい高音質で、世界200以上の国と地域の固定電話や携帯電話の電話番号に発信、低料金で通話ができるIP電話サービスです。『LINE 電話』の提供開始により、『LINE』ユーザー同士での通話は従来の無料通話機能、一般の電話番号への通話は低料金の『LINE 電話』と、ユーザーは利用シーンに応じてより便利な通話機能を使い分けていただくことができます。

 3月17日のAndroid版公開に続き、本日iPhone版にも対応し、「LINE」アプリを最新バージョン(ver 4.3)にアップデートすることで利用可能となります。 現時点でのサービス対応国は、日本・アメリカを含む世界11カ国(日本・アメリカ・メキシコ・スペイン・タイ・フィリピン・コロンビア・ペルー・オーストラリア・アルゼンチン・マレーシア)となり、今後も順次対応国を拡大してまいります。世界各国・地域への通話料金は、サービスサイト(関連サイト)にてご確認頂けます。

 なお、このたびiPhone版に対応した『LINE電話』は、ユーザーの皆様により安全・快適にご利用いただくため、4月28日に公表したAndroid版での本人確認のためのプロセス強化策と同様の仕様を搭載しています。

 

もちろん、LINEのインストールされているスマートフォン同士なら通話は無料ですが、今回のTopicsは、固定電話に安価に電話できること、そして、あとでも紹介しますが一部のお店や法人の電話番号にも無料で電話ができるようになったことです。

 

この機能が意外に使えそうです。
さっそく、iPhoneのLINEアプリをアップデートしてみました。

 

IMG 1796

「その他」の項目の部分に、「LINE電話」が追加されています。

 

IMG 1797

「LINE電話」をタップすると、このように、電話アプリと同じようにダイヤルボタンが表示されます。
ここから全国どこへでも電話をかけることが可能です。

 

IMG 1799

固定電話に実際に電話をするには、ポイント購入の必要があります。
購入は、クレジットカードを使用して行えます。もちろん、既存の連絡帳から電話番号を引用して、そこから電話をかけることも可能です。

 

IMG 1801

ここが便利でお得ポイント!
LINE電話を利用して、近くのお店などを検索することが可能です。いろいろなジャンルに分かれていて、すぐに見つけることができます。

 

IMG 1802

実際に検索してみると、ずらっとお店などが表示されました。
注目は、電話のアイコン。なんと「無料」と表示があるモノがたくさん。
実はこれ、「LINE@」というもので、導入しているレストラン、美容院、ネイルサロン、ホテル、病院などに無料でかけることができるのです。

現時点では、10分までの通話が無料で利用でき、10分を超えると通話が自動的に切れるようになっています。期間限定のサービスとはいえ、これは非常に使えそうです。

 

IMG 1804

実際に問い合わせをしてみましたが、音声品質も通常の電話を遜色なく、途切れたり聞き取りにくかったりすることはありませんでした。

鳴り物入りで電話業界に参入してきたLINE。
これからの展開が非常に楽しみですね。

「LINE@」というシステムもこれからどんどん利用されて普及して、フリーダイヤルの代わりのように利用できるようになれば、お店にとっても利用者にとってもメリットが出てくるかもしれません。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>